2015年夏、浴衣を着るなら断然古典柄! 自分に似合う古典柄浴衣を着てお祭りに行こう!

まもなく8月、いつの間にか夏も本番です。
ビーチやフェスなどさまざまなイベントが目白押しの夏ですが、忘れたらいけないのがお祭りや花火! 皆さん、もうご予定はお決まりですか?
そんなお祭りの日に着たいのが浴衣。今年おすすめなのは断然古典柄です。
キラリとセンスが光る、友だちウケすること間違いなしの古典柄浴衣をご紹介します!

これぞ古典柄!  真っ赤な浴衣


yakata


真っ赤な大花柄が特徴のこちらの浴衣。これぞ古典柄という印象です。
柄が大きめの浴衣は万人に似合う柄のひとつです。
特に身長が高い方は、散らばりのある大きめの柄を選ぶことによって視点が集中しなくなり、うまくまとまるのでほんの気持ち小柄に見せることができます。
また赤は、ぱぁっと明るく目立つ色です。顔の色合い、印象も明るくなるので色白さんにオススメの色。より色白な美肌が引き立ちます。

花火柄の浴衣も年々人気が増している、着る人を選ばない万能柄!


yaukata02


花火柄は年々人気が上昇しています。これから流行すること間違いなしな花火柄は万人に似合う万能柄。 
ベースが暗めで、赤やピンクや黄色などの華やかな花火が大人っぽくもあり、可愛らしさもあるデザインに仕上がっています。
派手柄はちょっと、という方にもこれなら挑戦できると思います。一押しです♪

シンプルな古典ストライプ柄の浴衣は、おしゃれ上級者さんにオススメ!


yakata04


細かい柄を選ぶと視覚的な高さを出せるので、身長が低めの方にオススメです。 
シンプルな柄ゆえに旅館の浴衣っぽい印象になりがちなので、そういう場合は帯に気を配りましょう。柄入りの帯や、反対色の帯でアクセントを作ると良いでしょう。
柄の目の細かさを合わせるなど、スナップのように全体的にまとめるのがポイント。散らかりやすいのが難しいところです。

クールな幾何学模様の浴衣は今年のトレンド!


yakata01


今年の浴衣のトレンドとしては古典柄の中でも“レトロモダン”と“幾何学柄”がより注目されています。
ストライプ柄同様に着こなしや合わせ方が難しいデザインですが、うまく着こなせれば人より一歩先をいけるのが特徴です。
幾何学模様自体は大人っぽく落ち着いているため、男ウケ女ウケともに良いデザインです。
こちらの模様は特に身長が高い方におすすめの柄。ざっくりとした模様が目立ちしゅっとまとまります。

やっぱり定番! 紺色浴衣は外れない!


yakata03


一番外れがなく誰でも着こなせるのが紺色の浴衣。しっとりおしとやかな印象が日本の伝統衣装の浴衣ならではです。
帯の色も遊べるので外れはないけど個性が出せる、自分のセンスを活かせる色合いです。可愛いタイプがお好きな方は、赤、ピンク、黄色。落ち着いた印象にしたい方は、白、水色などを選ぶと良いでしょう。
帯飾りや兵児帯などで存分に飾るのもオススメです!

ここまで着こなしをご紹介させていただきましたが、筆者としては柄の似合う似合わない、色の似合う似合わないに限らず、自分の好きなデザインを見つけて着ていただきたいと思います。
やっぱり人と一緒だと面白くありません。ところどころアクセントで飾りを取り入れて、自分ならではの浴衣姿を楽しんで、かつ友だちや彼にあっと言わせちゃいましょう!!

 
ライター:machiruda

The following two tabs change content below.

MICHI

服飾系ブライダル学校で学び、ブライダル業界でのサービススタッフを務めた後、アパレルショップスタッフを経験。その頃からライティング業を始め、現在はWEBライターをさせていただいています。 パーソナルカラーの資格保持。 メイクもネイルもお洋服も。お洒落が大好きなmachirudaです♪ instagram:https://instagram.com/machiruda17/ BLOG:http://blog.livedoor.jp/machiruda17/