40代50代の「革ジャン」、素敵に見えるコーデの作り方

定番デザインの「革ジャン」はトレンドに左右されず、長く使えるアイテム。大人の女性を品よく素敵に見せるには、どう着こなせばすればいいのでしょうか?

今回ご紹介するのは40代50代に似合う「革ジャンコーデ」。リアル世代の#CBKモデルをお手本にスタイリングのコツを学んでいきましょう!

辛口ライダースジャケットには「きれいめなバッグ&シューズ」を

革ジャンといえば、やっぱりライダースジャケット。カジュアルなパンツに合わせるのが王道スタイルですが、40代50代が着こなす場合は「きれいめな靴やバッグ」を足すのがポイントに。

品のいい小物があることで大人っぽさが加わり、若作り感を解消します。シックなカジュアルコーデに決まりますよ♪

「フレアスカート」と「ショートブーツ」で女性らしく

ライダースジャケットを女性らしく着こなすなら、フレアスカートを合わせるのがおすすめです。フェミニンなムードのスカートに辛口な革ジャンが効いて、大人っぽいムードを演出します。

足元はショートブーツを選ぶと革ジャンとテイストが揃い、スタイリングがまとまりますよ♪

「きれい色ボトム」にハンサムなレザージャケットを効かせて

「革ジャン×きれい色ボトム」のパキッとした組み合わせが似合うのは、40代50代の女性ならでは。ハンサムなレザージャケットのおかげでボトムの発色が抑えられ、派手見えしません。辛口なエッジを効かせつつ、華やかなスタイリングに決まりますよ♪

「ノーカラー&ナチュラル色」のレザージャケットなら上品に決まる

革ジャンで上品な装いを楽しむなら、「ノーカラー」のジャケットタイプがイチ押し。さらにナチュラルな色を選ぶことで、ライダースジャケットを着たときのようにハードにならず女性らしく着こなせます。

シンプルなスカートやパンツを組み合わせると、落ち着いた雰囲気に決まりますよ♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。