フロックコートの意味|ファッション用語

フロックコートとは、19世紀の中ごろから昼用の正礼装として着られていた男性用のコートのこと。ダブル前で4つまたは6つのボタンで膝丈まである形が特徴ですが、現在は前合わせがシングルで結婚式くらいでしか使われなくなっています。ちなみに発症のイギリスではフロックコートですが、アメリカでは当時の英国エドワード皇太子が訪米した際に来ていたことから「プリンス・アルバート」と呼ばれているそうです。

The following two tabs change content below.