大人になっても女の子でいたい♡ おとなリボンワールドへご招待♪

おとなも子どもも魅了してやまない “リボン” 。どうして私たちはこんなにも魅かれてしまうのでしょうね。というわけで、今回は “永遠のおんなの子” でいさせてくれるリボンアイテムを特集します。
ファッショニスタの皆さんの素敵な “リボン” コーデを参考に、もっと “リボン” ワールドを楽しみましょう♪

レディーなリボンならおすすめはベルト

もう何年もベルトをコーデに使っていないという人も多いかもしれませんが、みなさんはいかがでしょうか? カジュアルでラフなコーデが多いと、なかなかベルトは手にしませんよね。トップスをボトムスにインするコーデもちょっと着なれないなら、モデルさんのようなトップスの上からベルトをしてウエストマークが大人っぽくて素敵。
大人っぽいコーデやアイテムにリボンデザインを選択するのが好感度なラブリーコーデを完成させるコツですね。

たくさんのリボンも歓迎! なのはシューズ

リボンのサイズにもよりますが、たくさんのリボンがあしらわれている洋服は、ときにちょっぴり気が引けたりするかもしれません。
でも、シューズならぐっとハードルが下がりますよね! 目線から遠いほど、遠慮なしにリボンを身に付けられます。思い切りラブリーな足元でリボンな自分を楽しみましょう!

小さめ&同色が正解のリボンバッグ

リボン好きな方なら、バッグにもリボンが欲しいところですよね。でも大きなバッグに大きなリボン、それも目立つカラーだと遠慮してしまうのがおとなの事情。でも逆転の発想で、小さなバッグに小さなリボンを同系色でなら自分らしいリボンコーデができるはず。
サイズ感と同色の法則でリボンアイテムを上手に身にまといましょう♪

バランスを見極めたい、永遠のおとなリボン

サイズ的には小さいとは言えないワンピースのリボンですが、子供っぽいわけでもなく、品よく大人ラブリーに着こなしていて好感度。リボンを活かして抑えめにしたカラーやアクセサリー、クラス感のあるバッグやシューズ、そしてヘアメイクの清潔感とともに上品さを身にまとっているのが素敵です。
いつまでも愛してやまない “リボン” アイテムをいくつになっても品よく可愛らしく身に付けたいものですね。