永遠の定番“ボーダーTシャツ”を最旬スタイルに着こなす! テイスト別春のトレンドコーデ5選♪

永遠の定番アイテム“ボーダーTシャツ”。今年も出番の季節がやってきました。
上品なコンサバスタイルのポイントにするのも◎ トレンド感あふれるスタイルのインナーに合わせても◎ どんなコーディネートにもマッチする、まさに着まわし力抜群のアイテムですよね。
ジャストサイズからリラックス感のあるゆったりサイズ、色やボーダーの太さなど、ちょっとした違いでもつい何枚も集めたくなってしまいます。
でも、定番アイテムだからこそ「着こなしがマンネリ化」したり、「今年っぽく着こなせない」とお悩みの方も多いのでは?
今回はきれいめスタイルからカジュアルコーデまで、タイプ別にボーダーTシャツのコーデ術をご紹介します。今年っぽい最旬スタイルにアップデートするオシャレテクが満載なので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ベーシックスタイルは小物使いとカラーがポイント◎ きれいめカジュアルスタイル♪

ボーダーTシャツにアンクル丈のスキニーデニムを合わせて、ベージュのトレンチコートを羽織った、きれいめカジュアルスタイル。
定番のカジュアルコーデも、トレンチコートを羽織れば一気に品のよいスタイルに格上げできちゃいます。
春夏に大活躍間違いなしのかごバッグで、季節感もアップ! デニムとリンクするブルーのスカーフも、今年らしいアクセントになっています。
足元はヌーディーなカラーのパンプスでスタイルアップしているのも◎
ブルーとベージュを中心に大人っぽいカラーコーデで端正な印象にまとめた、シンプルスタイルです。

トレンドのサロペットもボーダーTシャツと相性抜群! 赤を差し色にした大人カジュアルスタイル♪

ボーダーTシャツにデニムのサロペットを合わせて、ライダースジャケットを肩掛けにした、大人カジュアルスタイル。
万能アイテムのボーダーTシャツは、サロペットとも好相性◎ インディゴの濃い生デニムのサロペットはすっきりしたシルエットをチョイスするのがポイント。きれいめにも着こなしやすく、細見え効果も抜群!
赤のパンプスで女性らしい存在感を演出。
ちょっぴりロックなムードをプラスするライダースジャケットを肩掛けにしているのも◎
バッグに巻いた赤いバンダナもよいアクセントになっていますね。
子供っぽくなりがちなサロペットを、こなれ感のある着こなしと赤を差したきれいめな足元で大人っぽく仕上げた、お手本コーディネートです。

リラックス感のあるコーディネートはグラデーションで洗練された印象に◎ ナチュラルな休日スタイル♪

ドロップショルダーのボーダーTシャツにグレーのワイドパンツを合わせた、リラックススタイル。
ゆったりとしたシルエットのシンプルスタイルも、ホワイトからグレーのグラデーションカラーにまとめれば、洗練された印象に仕上がりますよ。
ワイドパンツでトレンド感をアップさせているのも◎
ホワイトの小物使いで、春らしい爽やかな涼感を演出しているもポイントです。
リラックス感漂うナチュラルコーデをニュートラルなカラーで格上げした、ワンランク上の休日スタイルです。

ボーイッシュをジレンチで大人っぽく格上げ! トレンドカジュアルスタイル♪

ボーダーTシャツにフレイドヘムのスキニーデニムを合わせてジレンチを羽織った、トレンドスタイル。
スニーカーやニット帽でカジュアルに仕上げたボーイライクスタイルも、ジレンチを合わせれば大人っぽくアップデートできちゃいます。
「トレンチコートの袖をなくしたジレタイプのアウター」のジレンチは、今季の注目アイテム。シンプルなTシャツスタイルをおしゃれな最旬スタイルに格上げできる、おすすめアイテムです。
ジーンズは切りっぱなしが今年らしいフレイドヘムタイプ。足首がチラッと見える、アンクル丈とハイカットスニーカーが好バランスです。
ブラックの小物で辛口な存在感をプラスした、ぜひ参考にしたい最旬カジュアルスタイルです。

太めボーダーは今季要チェック! 甘辛MIXなクラシックモノトーンスタイル♪

太ボーダーのTシャツにミモレ丈のフレアスカートを合せて、ライダースジャケットを羽織った、クラシカルスタイル。
太ボーダーは今季のトレンド。太い方が柄が目を引くのですっきり見せる効果もあるんですよ◎
上品なクラシカルスタイルを盛り上げているのが、ホワイトのパンプスとミモレ丈のスカート。
ガーリーなフィット&フレアシルエットも、モノトーンにまとめることでスタイリッシュなイメージがアップ!
ライダースジャケットでハードに味付けして甘辛MIXスタイルに仕上げているのも、見逃せないポイントです

ピンクのチェーンバッグを差しているのも好バランス◎
クラシカルをモダンにアレンジした、春の上級モノトーンスタイルです。

The following two tabs change content below.
AKINA

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。