元エステティシャンが語る! ヒジ、ヒザ、ワキの黒ずみをきれいにする方法

露出が多い季節になると気になってくるヒジやヒザ、ワキの黒ずみ。
仕事や勉強の最中にヒジをつくクセがある人は、気づかぬうちにヒジが真っ黒! なんてこともあるので、薄着になる前に、ヒジ、ヒザ、ワキの黒ずみのチェックもしておきましょう♪

 「あれ、言われてみれば黒ずんでるかも? 」という方のために、黒ズミをきれいにする方法をお教えします!

そもそも黒ずみの原因は何?

00

薄着になると、肘や膝、ワキを露出することが増えてきます。他の人に注目してみると、意外と黒ずんでしまっている人も少なくないものです。
この原因は何かというと、摩擦による色素沈着。
机にヒジをつくクセがある方、立ちヒザの姿勢をよくする方、そして、ワキのお手入れをカミソリや毛抜きで行う方は、知らないうちに皮膚がダメージを受けてだんだんと黒ずんでいってしまいます。

できてしまった黒ずみのケア方法

00

言われてみれば黒ずんでる……。という方におすすめのケア方法を紹介します。元通りの肌色に戻すのは難しいですが、黒ずみの緩和&防止になります。

①スクラブで角質ケアをする
②美白効果のあるクリーム状のパックをする(10分~15分)
③美白効果のある美容液&乳液&美容液を塗る

このケアを1週間に1~2回行いましょう。

美顔器をお持ちの方はスペシャルなケア方法も

00

もし導入系の機能がある美顔器をお持ちの方は、その美顔器を使って黒ずみケアをすることもできます。
スクラブで余計な角質を落としたあと、美白効果のある美容液やジェルを美顔器でヒジ、ヒザ、ワキなどの黒ずみが気になる部分に使ってみてください。
ただ塗るよりも、肌のずっと深い部分まで美容成分を届けることができます。この方法で美白ケアしているエステサロンもたくさんありますよ♪ お持ちであれば顔以外にもぜひ使ってみてください。

黒ずみの悪化を防ぐために、ヒジやヒザをつくクセがある方はしないように気をつけましょう♪
ワキのお手入れも、可能であれば自分でやらずに医療脱毛やエステ脱毛でプロの力を借りましょう。今はよくても、気をつけている方といない方では数年後のお肌に大きな差がうまれます。
1日でも早いお手入れが美しさを保つ秘訣です。

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。