オシャレに差をつけたい! 今季は “カラーアウター” で羽織る華やかさを手に入れよう♪

今季のファッションコレクションで浮上中のカラーアウター、海外スナップでもよく取り上げられています。アウターといえばトレンチならベージュ、MA-1ならカーキ、ウールコートはブラックやネイビーを選んでしまいがちですが、印象的なカラーアウターをコーデの主役にすると、かぶらないオシャレが楽しめます。インパクト抜群なカラーアウターでいつもと違う自分を発見してみてはいかがですか?

2016年注目カラーはマスタードイエロー

海外スナップでよく登場していたのはイエローのアウターです。イエローの中でもマスタード系は肌に馴染み、顔移りがよいので華やかな雰囲気になります。コーデの主役にしたいからインはベーシックカラーでまとめましょう。元気なイメージのショートパンツと合わせて大人カジュアルなイメージです。

冬のホワイトは凛としたイメージで決めたい

ダーク系な色が多い秋冬は、ピュアなホワイトが断然おすすめです。清楚な中にも意思の強さも感じる色はまさに大人女子カラー。カジュアルなカーキワイドパンツも白のノーカラーアウターに合わせると品のよいきれい目な印象になります。ベージュのインとストールでニュアンスのある三色コーデのアクセントに。

今季のMA-1ジャケットはシルバーグレーがお洒落

MA-1ジャケットはミニタリーのイメージが強く、カーキや紺はかぶる率が高いのがネック。スナップのようなシルバーグレーはジャケットのナイロン素材ともマッチして、よりお洒落なイメージが作れますね。ボトムはスキニーデニムにブーツインで美脚効果アップ。

レトロな北欧パターンがコーデの主役

シンプルになりがちな秋冬のコーデのアクセントにしたい、ジャガード織の柄アウター。モノトーンはカラーが苦手な人にも気軽にトライできて、センスよく見えるのがいいですね。ノーカラーのシンプルなミディアム丈は、お尻も隠れてスキニーデニムと相性ばっちり。羽織るだけでモードなアウターはぜひほしい一着です。

The following two tabs change content below.

Lilac

某通信販売会社のファッション企画等を経験後渡英。フャッションジャーナリズムやグラフィックデザインを学ぶ。帰国後アパレルマーチャンダイジングに携わる。海外ストリートファッション、着心地のよいシンプルなものが好き。