2017年の流行色グリーンはどう使えばいい? 旬色の失敗しない使い方!

最終更新日: 2017/02/22 by watabe

パントン(PANTONE)が発表した2017年のトレンドカラーが「グリーナリー」というイエローグリーンだったこともあり、ファッションシーンもグリーンを取り入れたコーデが注目されています。今の時期からなら、モスグリーンやカーキのような深いグリーン、春先から夏に向けては明るいフレッシュなグリーンを取り入れたコーデが旬な表情を与えてくれそうな予感。

グリーンは日本人が苦手とする色と言われることもありますが、ベーシックなカラーに差し色として加えることで、それほど難しく考えずに攻略できる色でもあります。ファッショニスタのコーデを参考に、旬の色を取り入れてみましょう。

レースのスカートをより華やかに演出するのはブラックのタートルネック

華やかなグリーンレースのフレアスカート。総レースのエレガントさを強調させるには、他のアイテムをできるだけシンプルにまとめるのが正解です。レーススカートは、色によっては甘くなりすぎてしまうこともありますが、グリーンならそんな心配もありません。スナップではスカート以外をブラックでまとめ、トップスをタートルネックにしたことで、クラシカルなイメージが際立った大人のエレガントスタイルになっています。

ビリジアングリーンのVネックニットはコートを脱いでも派手になりすぎない

コートを脱いでも派手にならないビリジアングリーンなら、オフィスでも活躍してくれそうです。春先まで長く着たいならクルーネックよりもVネックのニット。グリーンは似合わないと思っている人は、ネックレスやストールなどで顔とニットの間に色を挟むと馴染みが良くなりますよ。同様にオリーブやミリタリーカーキといったグリーンも派手になりすぎず日本人に顔なじみのいいグリーンなので、トップスとして選んでも失敗しにくいはずです。

ほんの少しのグリーンなのに存在感バツグンの帽子

流行色は小物で取り入れたいという人もいますよね。小物なら価格も高くないので、気軽に旬の色に挑戦することができます。面積のわりに大きな存在感で、ベーシックなスタイリングを旬顔に変身させてくれるのが帽子。中でもカラーバリエーションが豊富なのがニット帽です。旬の色を目線の高さに持ってくることで、いつもとは全く違う印象を与えることができます。

ワンピースやセットアップに選ぶならカーキグリーンが扱いやすい

色の面積が広いワンピースやセットアップとなると流行色はちょっと敬遠してしまいますが、グリーンの中でもベーシックカラーに含まれるカーキグリーンは、ベージュやグレーなどと同様に誰にでも扱いやすいカラー。今あるアイテムとも色合わせがしやすいので、買ってみたもののバッグやアウターとコーディネートができないということもなさそうです。定番のカラーなので、長く使えるのも嬉しいですね。

カーディガンならグリーンの配分も自由自在に調整できる♪

これからの季節なら、カーディガンをグリーンにしてみるのはいかがでしょう?カーディガンなら肩にかける、腰に巻くといったテクニックでグリーンの占める配分を調整することができるので、少しヴィヴィッドなグリーンに挑戦してみてもいいと思います。また春から夏に向けてはイエローグリーンのようなスポーティなグリーンのカーディガンがあると活躍すること間違いなし。差し色として使えば、いつものコーデが見違えるはずです。

The following two tabs change content below.
mika

mika

ファッション誌の編集を経て、フリーのライターとして独立。 結婚後はアンティーク着物などに興味を持ち、着付け講師の免状を取得。 ファッションも生活雑貨も触れてトキメクものに惹かれます。