カジュアルだけどおしゃれ見え! ミセス世代の母へ贈るコーディネート【通勤・仕事編】

最終更新日: 2017/03/18 by watabe

「お母さんのコーディネート、なんだかダサい気がする。」 そう感じているお嬢さんも世の中には多いのです。しかし若い子向けのアパレルブランドは年相応ではないし、けどシニア向けを着てほしくない! ミセスのコーディネートって、選ぶアイテムがとっても難しいところ。
仕事場が制服を採用してる場合、通勤時は流行に沿わないシルエットのデニム、ヨレヨレのシャツのコーディネート。仕事帰りに一緒に買い物していても、隣を歩くのがなんだか恥ずかしい。せめて、スキニーデニムでシャツをきっちり着こなしてくれたら……、そう思ってしまう娘の気持ちもわかってほしい!

カジュアルだけどおしゃれに見える、ミセス向けの通勤スタイルをご紹介します。

ジャケットはジャージ素材だけど、きちんと見えスタイル

ジャージ素材のジャケットは、動きやすく羽織りやすいアイテム。きっちりなコーディネートをカジュアルダウンさせるのにももってこいです。ミセス世代の人でも取り入れやすいジャケットとテーパードパンツでコーディネートすると、シックでおしゃれな通勤カジュアルに。

ボーダーニットは締め色をチョイスして

ボーダーのニットは、横に膨張して見えるんじゃないか? そう思うミセスも多いと思います。実は締め色であるネイビーをベースに持ってくると、ボーダーでも膨張見えしません。アウターにホワイトのPコートを取り入れ、顔色を明るく見せると◎。

シンプルコーデは、アクセサリーもシンプルに

シンプルなコーディネートですが、体型に合ったアイテムを選ぶことでスッキリ見えます。ゴテゴテしたアイテムを取り入れるよりも、ミセスの方はアクセサリーを華奢なものに変えるとよりおしゃれに。

アースカラーは、ホワイトを一緒に組み合わせて

アースカラーは顔色がくすんで見えるので、全体的な印象や顔を明るくさせるホワイトと組み合わせましょう。ポインテッドトゥのパンプスもつま先が痛くないものや、ローヒールのタイプもあるので、カッコ良くデキる女風にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
ユキ

ユキ

元アパレル販売員です。現在は新米ライターとして活動中ですが、まだまだ未熟者です。日々精進できるよう頑張ってます。絶賛子育て中でチョコと猫と服を見てるのが大好き。