目立ちすぎないけどおしゃれ♪ 程よくカジュアルな幼稚園の送り迎えコーディネート!

最終更新日: 2017/05/04 by watabe

春の新生活、お子さんが幼稚園に入園されたママもいると思います。
入園準備に追われ、自分のことは後回しになっていた方も多いのでは。いざ幼稚園生活が始まってみると、「毎日の送り迎えに何を着て行こう?」と頭を悩ませてはいませんか?

悪目立ちしない控えめさはキープしつつも、おしゃれに見せたいですよね。でも気合いの入りすぎたファッションでは、頑張りすぎな印象で浮いてしまうことも。
ポイントは、“色味はおさえつつほど良くカジュアル”であること。

今回は、“目立ちすぎないけどおしゃれな幼稚園の送り迎えお手本コーディネート”を、5つご紹介します。

柄物は色味を抑えてシックにまとめて。春の抜け感モノトーンスタイル♪

ブラックのカットソーにスキニーデニムを合わせて、花柄のシャツワンピースを羽織った抜け感スタイル。
シンプルなコーディネートも、シャツワンピースをガウン風に羽織るだけでグッとおしゃれ度がアップ!

柄物もモノトーンで色味を抑えると、悪目立ちせずママらしい大人っぽさをキープできますよ。
バケツ型のバッグやバブーシュでトレンド感もプラス。かかとのないバブーシュはサンダルよりもきちんと感があり、パンプスよりも抜け感を演出できる万能アイテム。
ホワイトベースの羽織りにホワイトのシューズで爽やかに仕上げた、春のモノトーンスタイルです。

フレアスカートで女性らしさがアップ! きれいめカジュアルスタイル♪

グレーのVネックニットにロイヤルブルーのフレアスカートを合わせた、きれいめカジュアルスタイル。
小さかったお子さんと毎日のように公園で遊び、常にパンツスタイルだったというママも、幼稚園生になったことでやっとスカートがはけますね♪

ふんわりとしたシルエットのフレアスカートで、ママらしい優しいイメージを演出。ピンクでは甘くなりすぎますが、鮮やかなロイヤルブルーなら控えめで洗練された印象に仕上がりますよ。
足元はスニーカーでカジュアルダウンしているのも◎。
フリルハンドルがキュートなトートバッグもコーディネートにベストマッチな、ママコーディネートです。

爽やかなストライプシャツがポイント! 大人カジュアルスタイル♪

ストライプシャツにテーパードデニムを合わせて、グレーのロングカーディガンを羽織った大人カジュアルスタイル。
ややメンズライクなアイテムも、足元にパンプスを合わせることで上品な印象になります。

太もも部分が太く裾に向かって細くなるテーパードシルエットのパンツは、ロングカーディガンで気になる部分をカバーすれば着やせ効果もアップ!
トレンドのマリンキャップでUV対策もバッチリ。カジュアルになりすぎないデザインなので、大人女子におすすめの帽子ですよ。
爽やかなブルーのストライプで春らしく仕上げた、お手本コーディネートです。

カジュアルなロゴスウェットはタイトスカートでバランスアップ! 大人の甘辛MIXスタイル♪

ロゴスウェットにボーダーのタイトスカートを合せた、甘辛MIXスタイル。
ボーイライクなスウェットも女性らしいタイトスカートを合せることで、ママらしいバランスに仕上がっています。太いボーダー柄なので、タイトなシルエットもカジュアルに着こなせますよ。
ニット帽やバッグはホワイトをチョイスすれば、春らしく明るい印象がアップ!
モノトーンでまとめて大人っぽく仕上げた、おしゃれママコーディネートです。

新トレンド“パラッツォパンツ”でおしゃれ度アップ! ナチュラルシンプルスタイル♪

ホワイトニットにデニムのパラッツォパンツを合わせた、シンプルコーディネート。
“パラッツォ”とはイタリア語で王宮や宮殿という意味。“パラッツォパンツ”は、よりボリューム感がありラグジュアリーなシルエットのパンツのことです。
スリットの入ったデザインもこの春の新しいトレンドなので、取り入れるだけで一気におしゃれ度がアップしますよ。

パンツを引き立てるようにシンプルなニットを合わせるのがオススメ。あえて中心部分だけをINすることで、抜け感とスタイルアップ効果を同時に演出できます。
フリンジバッグもアクセントになった、ナチュラルスタイルです。

The following two tabs change content below.
AKINA

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。