普通すぎるエディター巻きがハイセンス?! かっこよくマフラーを巻こう!

マフラーやストールは、巻き方ひとつで雰囲気が大きく変わります。女性の間で近年主力の巻き方もありますが、少数派であるからこそ今年トライしたいのが「エディター巻き」。一見普通すぎる巻き方ですが、だからこそ抜き出たセンスが引き立つ注目すべき巻き方です。
そこで今回は「普通すぎるエディター巻きがハイセンス?! かっこいいマフラーコーデ」をご紹介します。

素敵! チョーカーのように絞めて巻き付けるテクニック

首回りをひと巻きだけするエディター巻きは、マフラーからストールまで簡単に巻ける定番のテクニック。
そこにモデルさんの巻き方は、あえて首回りを詰めて巻き付けチョーカー風のシルエットを作っています。トップスのVネックラインを活かした、グッドバランスなマフラー使いですね!
長めのマフラーはもちろん、冬素材の棒スカーフなどでもトライしてみたいハイセンステクニックです。

クールな印象を邪魔しないエディター巻き

マフラーは意外と全身の雰囲気を左右する小物。モード感を大切にしたいときにも、エディター巻きはかっこよく馴染みやすい巻き方です。
またモデルさんのような赤いブーツは今季のトレンドキーワード。洋服をモノトーンでまとめてブーツを引き立たせたい時にも、エディター巻きならマフラーの存在感を程よく控えることができます。

さりげなくジャケットの縦のラインを引き立てる

アースカラーでコーディネートされたジャケットスタイルが、シックで大人っぽいモデルさん。ジャケットの縦のラインを強調するマフラー使いが、より洗練された雰囲気を高めています。
エディター巻きをはじめ、肩にかけるだけでジャケットのインナーからチラ見せするテクニックも縦のラインを強調します。メンズファッションでよく使われる、マフラーの巻き方のひとつです。

さっと着こなしたルーズ感がかっこいい

エディター巻きの基本は、モデルさんのように首回りに程よいゆるみを作ること。さっと巻いたような、頑張りすぎていないこなれ感がかっこいいですね♪
ロングマフラーはもちろん、大判のストールなどにも使えるエディター巻き。同じ巻き方でも生地やデザインが変わると印象も大きく変わります。気分に合わせて使いこなしましょう!

The following two tabs change content below.

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。