冬の”斜め掛けバッグ問題”を解決! 「アウターを羽織るときの掛け方」ベストアンサー

最終更新日: 2018/11/21 by watabe

斜め掛けするバッグコーデがトレンド真っ最中♪ 春夏に引き続き、同じ持ち方でバッグを楽しもうと思ったけれど……アウターの登場に「あれ? 夏より斜め掛け難しくなってない?」と感じていませんか。

そこで今回は「冬の”斜め掛けバッグ問題”を解決! 『アウターを羽織るときの掛け方』ベストアンサー」をご紹介します。アウターの時期は、肩掛けやハンドバッグにする方も多いですが、やっぱりアクティブに過ごしやすいのは”斜め掛け”。トレンド続行中の今、冬の間もこの持ち方をしない手はないですね♪

ファッショニスタに支持されている、アウターの《上から掛ける・中に掛ける》に分けて、素敵な冬コーデを集めました。

【上から掛ける/01】トレンチコートとバッグの色合わせに”きちんと感”

パーカーのフードとマフラーを、トレンチコートにレイヤードした着こなし。重ねつつもスッキリまとまっているのは、全身のシルエットバランスの良さに加え、上品な色のチョイスにあり! ネイビー×ブラウン系の色合わせで、カジュアルの中に”きちんと感”を添えています。

【上から掛ける/02】柄物ノーカラーコートに負けないインパクトバッグ

ゴブラン調のクラシカルな柄が可愛い、ノーカラーコートを着こなしたモデルさん。斜め掛けするバッグにインパクトあるものを選ぶことで、コートに小物が埋もれません♪ さらにアニマル柄などのダイナミックなコートもトレンドの今季は、特に応用したいテクニックです。

【上から掛ける/03】ボトムスとバッグにカラーの統一感

アウターに斜め掛けするとき、どうしてもまとまりが悪くなってしまう方におすすめのテクニックがこちら♪ ボトムとバッグの色を統一する方法です。
モデルさんは、レギンスとバッグを黒でリンク。さらにスニーカーも色を合わせて、よりすっきり仕上げています。

【上から掛ける/04】レトロなムード高まるキャメルのバッグ

デニムのインディゴブルーがきれいなロングコートにミニショルダーを斜め掛け。ベレー帽と花柄トップスの”レトロ感”を、バッグの色が引き出しています。”懐かしさが可愛いファッション”を楽しみたいときに、「キャメル色のバッグ」は雰囲気を邪魔せず馴染みます。

【上から掛ける/05】きちんと前を閉めて、バッグをアクセサリー感覚で♪

ロングトレンチコートの前をきっちり閉めて、デザイン性が高いバッグを斜め掛けしたコーデ。”素敵なバッグをアクセサリー感覚で添えて、トレンチコートをまるでドレスのように楽しむ”。まさに、冬のおしゃれがマンネリしないテクニックですね!

【中に掛ける/01】クールなノーカラーのロングコートをラフな気分で

シンプルでかっこいいノーカラーロングコートを、ダメージデニムパンツルックに肩掛け。メタリックなミニショルダーが、コートの中で華やぎを忍ばせています。おしゃれ上級者の、こなれたテイストミックスコーデです。

【中に掛ける/02】ボディバッグのテキストを肩からチラ見せ

今季人気を集めているボアブルゾンに応用したいテクニックがこちら! 肩掛けしたファーブルゾンの中から、ボディバッグの紐に書かれたテキストをちょこっとチラ見せ♪ ストリートテイストを大人っぽくミックスしたい方必見の着こなし技です。

【中に掛ける/03】トラディショナルなジャケットに”遊び心”でメリハリを

お尻がすっぽり隠れる、長め丈のジャケットがトレンドの秋冬。そんなトラディショナルなジャケットを着こなすテクニックはさまざまありますが、モデルさんはとびきり遊び心あるアイテムでコーデ! さらにラインパンツでストリートな気分もプラス。”きちんと感”と”自由”なテイストのメリハリに、段違いのセンスが光ります。

【中に掛ける/04】シンプルなコーデにさらりと忍ばせるバッグの存在感

無地のコートとニット、デニムパンツと”シンプルなアイテム”で全身をコーデ。そして肩掛けしたコートの中に、CHANEL(シャネル)の存在感あるバッグをこっそり忍ばせています。有名なブランド物をダイナミックに魅せる着こなしもカッコいいですが、さらりと忍ばせるのも素敵♪ 手持ちのブランド物も、その日の気分で着こなせたらコーデの幅が広がりますね!

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。