冬のコーデは“モノトーン”で新鮮に! おしゃれに着るための5つのコツ

最終更新日: 2018/01/19 by watabe

思い切って白黒だけに絞ったモノトーンコーデは、簡単なのにおしゃれ見えが叶います。コーデがマンネリしてきた、そんなときこそスタイリッシュに見えるモノトーンコーデに挑戦してみましょう♪

冬のモノトーンコーデをおしゃれに着るためのポイントを5つ紹介します。

ブラックスキニーをヘビロテする

モノトーンコーデで重宝するブラックスキニーは押さえておきましょう。ダボッとしたニットにスキニーを合わせるだけでも、旬シルエットのコーデに。
重たくなりがちな冬コーデだからこそ、下半身はスッキリさせたい。だからスキニーが役に立つんです♪

レザージャケットでモノトーンコーデを辛口にする

色を使わない分、着こなしによっては地味に見えてしまう可能性のあるモノトーンコーデ。地味見えを防止する意味でも、ちょっとハードなレザージャケットをON。辛口要素がプラスされて、スタイリッシュさに磨きがかかります。

グレー×ブラックでモノトーンコーデを作る

モノトーンというと”黒×白”をイメージしますが、グレーを使うとこなれ感がアップ。ホワイトとは違った抜け感があるので、シンプルすぎるモノトーンコーデはイヤ、そんなときにおすすめです。

素材と柄で遊ぶモノトーンコーデ

色を絞るからこそ素材を生かせます。せっかくの冬は、もこもこのファーを選ぶのもおすすめ。コーデのアクセントにレオパード柄やブラウン小物をプラスすると、よりおしゃれに仕上がります。

ほんのちょっとだけ差し色をON

モノトーンコーデの主役はあくまでも黒×白。でもそれだけじゃ味気ない、物足りない! そんなときはほんのちょっとだけ差し色を使いましょう。
カラー靴下なら、コーデの邪魔をせず、さりげないアクセントになってくれます。

背筋がピンと伸びるモノトーンコーデ、ぜひ挑戦してみてください。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。