ジャケットは「きちんと着ない」が新ルール! 今っぽコーデはこう作る♡

最終更新日: 2018/04/20 by watabe

きちんとした服装をしなければいけないときに必須のジャケット。お仕事服として重宝するのはもちろんですが、オフのときにも使えるアイテムですよね。

今季のジャケットは、あえて「きちんと着ない」コーデが主流。ゆるいアイテムと合わせて、ちょっとだけ着崩して着てみましょう。

トレンドのドットでガーリーに着崩す

シンプルなコーデに合わせることも多いジャケットですが、たまには柄物ボトムに合わせてみるのもおすすめです。今季はやりの甘さのあるドットも、ジャケットを羽織って大人っぽく着ると落ち着いた印象に変わります。

ジャケット×ボーダートップス×チノスカートで作る、今どきのきれいめカジュアル

定番のボーダーはチノと合わせるのが今っぽい♡ しかし足元がスニーカー、さらにアウターもカジュアルだとテイストが偏ってしまいます。そこであえてきれいめなジャケットを合わせて大人っぽさをプラスしましょう。旬の今っぽカジュアルが完成します。

グレンチェック×ワントーンでコーデを格上げ

秋冬に爆発的な人気だったグレンチェック。定番の柄なので、グレンチェックのジャケットが一枚あると重宝します。のっぺりしがちなワントーンコーデもグレンチェックでメリハリを。
カラーアイテムを合わせれば、さらにハイセンスに格上げできます。

王道♡ ジャケット×デニムコーデ

ジャケットを着崩す王道のスタイルと言えば、デニムを合わせるスタイル。
カジュアルなデニムパンツを、グッと大人な装いに変えてくれます。デニムOKの職場はジャケットが一枚あるといざというとき重宝しますよ。

今季のジャケットは「きちんと着ない」を意識してみてください……♪

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。