行楽シーズンにあると便利! 大人のキャップの取り入れ方4選

最終更新日: 2018/10/11 by watabe

秋の行楽シーズン到来! しかし同時に、お天気がころころと変わりやすい季節でもあります。そんなときは、防寒&紫外線対策に必須のキャップを大人っぽくスタイリングして、快適にお出かけしましょう。
今回はスポーティーなキャップをおしゃれに取り入れたコーデを4つご紹介します。

ホワイトキャップ×モノトーンコーデで秋冬もリラクシーに♥

ホワイトのオフタートルのケーブルニットに、ブラックのロングスカート、足元は同じくブラックソックスとホワイトスニーカーでまとめた、リラックスモノトーンコーデ♥ トップスとキャップのカラーをリンクすることで、統一感を高めた着こなしに。

コーデのGoodバランスを狙えるベージュキャップ♥

クリーンなホワイトTシャツとシックなブラックデニムパンツに、グレーのマキシガウンを羽織った大人のカジュアルスタイル。足元のVカットのシルバーパンプスとボーイッシュなベージュのキャップで、キレイとカジュアルのGoodバランスを叶えた、技ありコーデに仕上がっています。

レオパード柄バッグにはベージュのキャップがベストフレンド♥

レディなレオパード柄ファーバッグをアクセントに、季節感を高めたおしゃれ上級者の着こなし。レオパード柄と同色のベージュキャップで統一感を出して、まとまりのあるコーデに仕立てています。ブラックのヒールパンプスが全体の引き締め効果にもひと役。

キレイめ花柄ワンピースをカジュアルに外すホワイトキャップの力♥

マキシ丈の花柄ワンピースに、キャップとスニーカーでメンズ感をプラス♥ さらにキレイめアイテムをカジュアルに外す、人気ライトアウターのひとつ“マウンテンパーカー”を羽織れば、大人ガーリースタイルが完成します。ホワイトキャップをアクセントにして、キレイめになり過ぎないようにバランスを取った、おしゃれ度の高いコーデです。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。