ローゲージカーディガンのインナーは何色が正解? 野暮ったくないコーデをマスターしましょ♪

最終更新日: 2019/02/01 by watabe

ざっくりとしたローゲージニットカーディガンはゆるっと可愛い雰囲気に仕上がる反面、インナーを間違えると地味で野暮ったい印象になる危険も……。コートを脱いでカーディガンを羽織ることが増える春に向けて、今からカーディガンコーデをマスターしちゃいましょう♪

グレーニットのくすみコーデにメリハリを出すホワイトインナー

上品で合わせやすいグレーニットカーディガンですが、ともすると落ち着いた印象になりすぎることも。そんなときに活躍してくれるのはやっぱりホワイトインナー! 清潔感とメリハリの両方を叶えてくれる優秀なアイテムなので、ネックラインや素材など、デザイン違いでいくつか持っておくと便利です。

重めの上半身をホワイトアイテムで軽やかに仕上げて

グレーとモカブラウンの落ち着いたカラーでまとめた上半身に、ホワイトのワイドパンツを投入! バッグとスニーカーのホワイトカラーも相まって、スタイリングに軽さが生まれ、ボリュームたっぷりのカーディガンが野暮ったく見えません。深めのVネックから見える鎖骨が、女性らしい抜け感を演出。

ベージュカーディガン×グレーインナーを地味に見せないデニム効果

グレーのクルーネックセーターとインディゴブルーのデニムパンツを合わせたカジュアルなスタイルに、ベージュのニットをオン! ゆるっとしたざっくりカーディガンなら、メンズライクなコーデが女性らしくこなれた雰囲気に。グレーもベージュもくすんだ色合いですが、濃いめカラーのデニムパンツがコーデをしっかり引き締めてくれています。

ホワイトニットカーディガンをハイセンスに仕上げる、明るいカラーインナー

定番であるホワイトニットカーディガンは人気が高い分、周りの人と似たようなコーディネートになりがち……。他人との差別化を図るなら、春らしい暖色系のインナーを合わせるのがおすすめ♥ 可愛くなりすぎるのでは?と不安に感じる場合、ボトムにグレーのロングスカートをチョイスすれば馴染みやすく、大人っぽい仕上がりに。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。