“ホワイト以外のシャツ”ってどう着るのが正解? 大人のコーデ活用術

最終更新日: 2019/04/25 by watabe

カラーや柄にひと目ぼれして購入したデザインシャツ♥ しかし、いざ着てみると「シャツのインパクトだけが悪目立ちする」「デニムパンツとの組み合わせしかイメージできない」など、着こなしが難しく白旗を上げている人も多い様子。せっかくトキメキを感じて手に入れたシャツ、生かしてあげないともったいないですよね。
そこで今回は、ホワイト以外のカラーシャツや柄物シャツのおしゃれコーデを4つご紹介。着回し技を習得して、ワンランク上の春コーデを楽しみましょう♪

ホワイトボトムでデザインシャツを難なくクリア

カラーシャツの上手な組み合わせがわからない! そんなとき、まず頼りになるのがホワイトボトム♥ センタープレスされた上品なワイドパンツなら、カジュアルからきれいめまで、幅広いテイストのシャツをレディに仕上げてくれます。
フェミニン派さんならプリーツスカート、コンサバ派さんならタイトスカート、カジュアル派さんならデニム素材など、なりたいイメージに近いホワイトボトムを合わせて、シャツコーデを思いっ切り楽しんで。

メンズライクなパーカーレイヤードも、ストライプ柄シャツで洗練された印象に

パーカーに切りっぱなしデニムパンツ、靴下とスニーカーなど、全てメンズライクなアイテムでまとめたカジュアルコーデ。しかしこんなにも都会的なのは、洗練されたストライプ柄シャツの力♥ ストライプ柄の配色と同じように全身をブルー×ホワイトでコーデして、寒色系に馴染みやすいグレーバッグで大人に仕上げて。

デザインシャツだからこそ叶うおしゃれレイヤード

ニットとは違い、生地のボリュームが少ないシャツは中や外に重ね着できるのも魅力の一つ♥ ちょっとインパクトが強くて派手かな?と感じるシャツであっても、ボタンを外し、カーディガンやトレンチコートを羽織れば、チラッと覗くシャツのデザインが最高のアクセントに! 主張の少ないホワイトシャツでは叶わない着こなし技です。

シャツ×同系色インナーで、お気に入りボトムを最旬バランスに

春のライトアウターとしても最適なシャツは、同系色のインナーと組み合わせることでコンパクトな上半身を演出♥ 今季ハズせないストレートデニムパンツとの最旬バランスはもちろん、ベルトやウエストインでメリハリを出せば、ワイドパンツやフレアスカートなどのボリュームボトムとだって好相性。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。