冬ブーツのお手入れ方法は? 来シーズンもキレイに履くためのレザーブーツのケアまとめ♪

最終更新日: 2019/04/22 by watabe

冬のコートやニットがいらなくなったら衣替えのタイミング。重衣料だけじゃなく、冬物のブーツもきちんとしまっておきたいですね。

特に価格が高めなレザーのブーツは、来シーズンまでキレイな状態をキープしておきたいもの。

箱に収納する前に、きちんとお手入れしておきましょう♪

クリーナーで汚れを落として靴クリームでしっかり保湿

レザーのブーツはクリーナーで汚れを落とした後、靴クリームを少量布に取り、全体を磨きます。

靴クリームはレザーの光沢を出すほかに潤いを与える効果があり、乾燥によるひび割れを予防してくれます。

ツヤ出し製品だけで済ませずに、長期間の保管前は特にしっかりお手入れしておきたいものですね♪

カラーブーツには無色の靴クリームを

ブラウンなどのカラーブーツでやっかいなのが、靴クリームのカラー選び。

黒のような単一色とは違い、カラートーンが微妙なブラウンなどのカラーシューズは色を合わせるのが難しく、靴クリームとブーツの色味が違ってしまうことも。

レザーのカラーブーツにおすすめなのが、無色の靴クリーム。色味が付かず潤いとツヤが出せるので、オールカラーのシューズに使えます。

ロングブーツには型崩れ対策を

ロングブーツでありがちなのが型崩れ。シューキーパーや柔らかい紙の詰め物で、筒のキレイなフォルムをキープしましょう。

湿気がこもりやすいので、風通しのいい場所で影干しをして、しっかり乾燥させて。

スウェードのブーツはブラッシング&専用スプレーで

スウェードなど起毛素材のブーツは、普通の靴クリームではなくスウェード専用のスプレー製品を使います。

汚れはブラッシングなどで落としたあと、スプレーをかけ、陰干しをして再度ブラッシングで整えます。

製品によっては水洗いもできるムートンブーツ

ムートンブーツもスウェードのお手入れ方法と同じ。寒い冬に暖かい分、内側のムートンが汗で蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいことも。

ブラッシングの後はしっかり乾燥させて収納するのが基本ですが、ムートンブーツによってはお家で手洗いできるものもあります。製品表示をチェックして、すっきりキレイにクリーニングしましょう。

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。