今年こそ小柄さんの苦手を克服! ロングアウターの攻略術4選

最終更新日: 2019/12/05 by kaori

流行継続中のロング丈アウターを着こなしたいけれど、小柄さんにとってはハードルが高く感じることも。
そこで今回は、「肩幅が合わない」「長すぎて着せられてる感がある」「のっぺりして見えるかも」などの小柄さんのお悩みを解決! ロングアウターを今年こそ取り入れるべく、155cm前後の#CBKモデルを参考に、着こなし方のポイントを学んでいきましょう。

ボトムはハイウエスト位置をキープ

ロング丈アウターは、小柄さんの肩幅には合わないとの声もチラホラ。でも、柔らかな素材のドロップショルダーなら身体のラインに沿って落ちるので、小柄さんの華奢さを存分に生かせます!

また、スナップのようにハイウエスト&フルレングスのボトムは、腰高と脚長効果を足先まで分散させず、重心アップにも貢献してくれますよ。

上下のカラートーンを合わせてIラインを強調

ロングアウター&ロングボトムのスタイルは、野暮ったく見えるのではと心配も。しかし上下のカラートーンを揃えるとIラインが簡単に作ることができ、スタイルアップ効果も期待大!

足元に抜け感があるとコーデバランスが取りにくくなるので、ショートブーツやロングブーツで繋げるのがベターです。スナップのように靴下で素肌を隠すのもおしゃれ♪

ハイウエストのジャンパースカートは小柄さんの救世主

タイトでハイウエストのジャンパースカートは、取り入れるだけで下半身をスマートに見せてくれる小柄さんの強い味方! スナップのように秋冬らしい厚地のガウンを羽織っても重たくならず、優しい印象で着こなせます。

ロング丈のコートやガウンを選ぶなら、ブラックやネイビーは「着せられてる感」が強く出るので、ブラウンやベージュ・ホワイト系がベストですよ♪

視線を集めるパーカーと九分丈のパンツでまとまり良く

顔まわりを華やかに魅せるフーディパーカーは上に目線を集めるため、小柄さんの重心アップにも最適な一着! スナップはロングアウターからフードを出して、高めの視線設定を作り出しています。

また、寸足らずなパンツ合わせが、フラットなスニーカーでもバランス良くまとまるコツ。ソール部分に厚みのあるダッドスニーカーも素敵に着こなせそう♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。