どんなシーンにもベージュがあれば好感度! オン・オフ使えるベージュスタイル4選

最終更新日: 2019/10/29 by kaori

好感度の高いスタイルを得意とするベージュ。そんなカラーを味方につけて、あらゆるシーンに最適なファッションを楽しみたい!

今回は、ご近所からオフィスやお食事会まで使えるベージュアイテムの着こなしをご紹介します。#CBKモデルのお手本スタイルを参考に、早速チェックしていきましょう♪

シックなパンツをまろやかに見せるベージュシャツの効能

ブラックとベージュのベーシックな雰囲気を直球で生かした正統派配色コーデ。スナップのようなテロンとしたサテン素材なら、オフィスシーンにも最適です!

また、ハリ感のある素材を選べばぐっと今年らしいムードに。ボタンを留めてきちんと着ても、優しいベージュなら柔らかな印象をまとえますよ。

ナチュラルなベージュパンツでキュートなピンクを身近に

「ちょっとそこまで」のお出かけに最適なリラクシーなベージュのニットパンツには、甘いピンクのカーディガンをオン。ボーダートップスを忍ばせたルーズ同士の着こなしも、ピンクのカラー効果でシャレた雰囲気を楽しめます。

またニットの代わりにコーデュロイ素材のパンツを選んでも、理想の脱力感が手に入りますよ♪

おすましチェックをベージュで大人顔に

芸術の秋とも言われる今の季節に取り入れたいのは、「イイ子」なイメージのチェック柄。コントラストが強すぎず落ち着いた印象のあるベージュで子どもっぽさをセーブすれば、簡単にミニマムに落とし込めます。クラス感のあるレザー小物をプラスして、映画館や美術館など秋のお出かけをさらに大人っぽくハッピーに盛り上げちゃいましょう♪

「浮かないよそ行き」がファッション目標

映えるレッドのきれいめパンツには、ベージュ系ニットを合わせてインパクトをセーブ! ナチュラルなベージュならくっきりしすぎず、華やかながらも優しい女性像を確立できます。レッド服を軸に少量のベージュを差すと、いつもよりちょっと上品なお食事会などにもぴったりな浮かないおしゃれスタイルが難なく叶いますよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。