リアルに使えるニットを探求!ママのシーン別ニットスタイル4選

最終更新日: 2019/11/14 by kaori

寒くなってくると、急に恋しくなるニット。おしゃれなママは、どんなニットライフを楽しんでいるのでしょうか? ママのデイリーファッションに最適な一枚を探していきましょう。

※記事中のモデルさんにはママさんでない方も含まれますが、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

公園ママには地厚なニットカーディガン

わんぱく盛りのお子さんを持つママさんに必要なのは、さっと羽織れる地厚なニットカーディガン! ふわもこのコートよりも身動きがとりやすいから、公園へのお出かけにも最適です。スナップのようなケーブル編みなら、暖かさだけでなく今年らしいシャレ感も獲得できますよ。

抱っこ紐ママにはワッフル地のニットプルオーバー

抱っこ紐ママに必須なのは、起毛感のないワッフル地のニット! モヘヤやアンゴラのようなチクチク感が無いから、デリケートな赤ちゃんのお肌を傷つける心配がありません。スナップのようなボリュームスリーブのデザインをセレクトして、抱っこしてても可愛いママを確立しちゃいましょう。

産後のお仕事ママにはシャツ×ニットの重ね着風トップス

産休が明けたお仕事復帰のママさんには、シャツやブラウスとニットがドッキングしたデザインがおすすめ! スナップのようなきれいめスカートや、きちんと感のあるパンツを組み合わせるだけで、簡単に緊張感のあるオフィススタイルが完成します。ブラックやグレーなどのベーシックなニットは、何かとトラブルが起こる忙しい朝の救世主になってくれますよ。

プレママにはリブニットワンピース

マタニティー専用の服を買わずに乗り切るプレママさんには、ニットワンピースがベスト! くるぶしまでの超ロング丈&リブで縦のラインを強調すれば、実際よりもシャープな印象に見せてくれるはずです。

スナップのような優しいベージュカラーのワンピースも、プリーツドッキングのデザインなら淡いトーンの間延びを回避し、よりすっきり見えを実現。ホワイトやベージュカラーのアイテムは、赤ちゃんが生まれてからは着る機会が減るから、今のうちにたっぷり満喫しておくのも手です。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。