暗カラーで良いんです! 重く見えがちな「冬の黒」を着こなすための5つのスタイル

最終更新日: 2020/01/15 by kaori

「暗い色のコーデばっかりかも」、冬のコーデは気がつくと暗カラーに偏りがちになりますよね。そんなマンネリを避けたくて、あえて黒から遠ざかる人もいるかもしれませんが「冬の黒」ってやっぱり魅力的なんです♡

「重くない? 」「もっさり見えない? 」そんな心配は無用です。冬の黒が洗練されて見える5つのスタイルをマスターしていきましょう!

ほっこりコーデュロイを黒で引き締め!

冬を代表する素材、コーデュロイ。ほっこりとした印象になるアイテムですが、黒を選べば引き締まった大人スタイリングにシフトします。ほっこりしすぎるのがイヤでコーデュロイを敬遠していた、という方は、ぜひ黒に挑戦してみてください。

チュールやレース素材で黒を軽くまとう

黒の重さを軽減したいなら、素材そのものを変えるのがおすすめです。チュールやレース素材を選べば、黒を合わせたスタイリングもさらっと軽い印象に!

「黒×柄」で柄モノを大人っぽく

柄モノをキュッと引き締めてくれる黒。柄を取り入れたスタイリングを大人っぽく引き立てたいなら、黒を合わせてコーデを組んでみましょう。派手めな柄も難なく着こなせますよ。

迷ったら鉄板の「黒×カラーアイテム」

カラーアイテムは、どのアイテムとコーデするかと悩みもつきもの。スタイリングに迷ったら「とりあえず黒」で合わせておけばOKです! コーデのメインになる色を、グッと落ち着いた雰囲気に変えてくれます。

黒と白、潔くモノトーンでコーデする

ハイセンスに仕上がるモノトーンコーデ。季節問わず、洗練されたコーデを楽しみたい日にぴったりです。「ボアを選ぶ」「レイヤードする」など、コーデのどこかにトレンドか季節感をプラスすると、鮮度がグッとアップします。

暗くても、重くても、偏っても、やっぱり黒は可愛い。いろんなアイテムで、「冬の黒」を堪能しましょう♪

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。