アラフォーのワンピースは「ちょっと甘い」くらいがちょうどいい。コーデ術&選び方特集♪

最終更新日: 2020/05/14 by watabe

パッと簡単に可愛らしい気分に包んでくれる「ワンピース」。楽ちんでこれからのシーズンに人気のアイテムです。でもガーリーさが際立つような甘すぎな見た目には、ちょっと抵抗を感じる大人女子も多いはず。

今回は、アラフォー世代に推したい「ちょっと甘い」ワンピースのコーデ術と選び方をご紹介します。甘さ加減を調節して、自然体な可愛らしさに身を包みましょう。

1. スポーティ&ジャケットをプラスして甘さ軽減

ミントグリーンのレースが旬のワンピース。一見ガーリーさが強く見えますが、甘さを軽減してくれるアイテムを合わせれば問題解決です。
モデルさんはワンピースにベージュのジャケットを羽織り、ホワイトのスニーカーをセレクト。カチッと締まるアイテムや、スポーティな要素を組み合わせて、甘すぎないゆるカジコーデに仕上げています。

2. カットソーを合わせてラフさを引き出す

これからのシーズン大活躍なキャミソールワンピースは、光沢のあるサテンタイプをチョイス。動きの出るきれいな素材とイエローの元気カラーがこの夏注目したい一枚です。
スナップでは、インナーにあえてカジュアルなカットソーをレイヤードしてラフな表情に。きれいめカジュアルスタイルに寄せればいつもの普段着に取り入れやすく、アラフォー世代も気軽に着られるはず。

3. ベージュのリネンワンピースを「なりたい気分」で生かす

ベージュカラーとリネン素材に共通しているのは、「ナチュラルさ」を秘めていること。このナチュラルさをベースにしたワンピースを選べば、その他のアイテム次第で「なりたい気分」に近づけます。
モデルさんはサッシュベルト付の女性らしいワンピースに、ビーチサンダルを合わせて肩の力を抜いたシンプルコーデを披露。カーディガンのブルーがサンダルとリンクして爽やかな気分をつくり、自然体な可愛らしさを演出しています。

4. フレアワンピースはブラックで大人キレカジ顔に

女性らしいシルエットのフレアワンピースは、フェミニンからあえて遠ざけたブラックカラーでご提案します。
モデルさんはギャザーが入ったノースリーブのブラックワンピースを着用。ベージュのパンプスでエレガントに包みつつ、サマーデザインのブラックで全体を引き締めています。甘さよりも大人キレイさが勝るように落とし込めば、アラフォー世代の美しさが引き立つきれいめカジュアルコーデに。

The following two tabs change content below.

Asu

バイヤー兼セレクトショップを経営しています。 趣味はアウトドアと海外旅行。 個性を引き出すコーデや着こなしを発信します。