「スカート」が気恥ずかしい問題。照れずに素敵なコーデアイデアまとめ

スカートに挑戦したいけれど、「なんだか気恥ずかしい……」とためらってしまう人は多いはず。大人女性が気負わずにスカートを取り入れるためには、”ちょっとした工夫”が必要です。

今回は思わずマネしたくなるようなスカートコーデを4つご紹介。照れずに着こなせるテクニックを学び、スカートをもっと気軽に楽しみましょう♪

アイデア1:さっぱりしていて穿きやすい、「ホワイトのクロシェスカート」

スカートコーデに抵抗があるなら、まずはホワイトから挑戦してみて。清潔感のある色味は甘くなりすぎず、スカートの「気恥ずかしさ」を軽減してくれますよ。

透け感のあるクロシェ編みで軽やかさをプラスし、すっきりしたムードに寄せるのもポイント。ブルーのトップスで爽やかさを高めれば、フェミニンなスカートも一気にハードルが下がります♪

アイデア2:「デニム素材」でカジュアルに着こなす

スカートを着こなすのが気恥ずかしい場合は、カジュアルテイストに仕上げてみるのも一つの手。例えば、定番の「デニム素材」をパンツではなくスカートで取り入れましょう。

デニム素材ならではのラフなムードが甘さを中和し、女性らしいスカートも気負わずに楽しめます。トップスを同色系でまとめれば、統一感のあるスタイリングが簡単に完成しますよ!

アイデア3:こなれ感を楽しむなら「セットアップ」の一択

スカートを穿くのに気恥ずかしさを感じるのは、「スカートに”着られている”」と思い込んでいるからかもしれません。そのようなケースでは「こなれ感」を意識し、”着られている状態”から”着こなしている状態”にシフトすることが大切です!

手っ取り早く実践するなら、着るだけでこなれ感があふれるセットアップを取り入れてみて。統一感を持たせることで洗練されたムードになり、グッとおしゃれな表情に仕上がりますよ。

アイデア4:甘い花柄も「ブラックカラー」なら安心

花柄スカートに憧れがあるものの、甘くなりすぎないか心配という声は多数。大人女性がキュートなアイテムを取り入れるときは”色味”に注目するのがポイントです。

暗い色がベースになったものを選ぶと、フェミニンな花柄スカートも落ち着いた印象に。全体をベーシックなデザインでまとめれば大人っぽさが損なわれず、甘めのアイテムも気負わないムードで着こなせますよ♡

The following two tabs change content below.

山本茉莉

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。