品があって清楚なカラー、ネイビーを使ったコーディネートを考えます

上品、知的、清潔感がある、落ち着きがある、安らぎを感じる、涼しげなど、一般的にネイビーのイメージには色々とあります。
ファッションの世界においても、ビジネススーツやデニムのインディゴカラー、マリンスタイルのセーラーやボーダーなど。日常のカジュアルから、かしこまった席の装いまで、ネイビーを使ったスタイルは、多くの場面で目にします。
そんなネイビーカラーにこだわった、今どきのコーデを紹介します。

ネイビーの上品さが際立つ、袖フリルトップスとベージュのガウチョパンツとのコーディネート

ネイビーとベージュのベストカラーコーディネート。色合わせに脱帽です。
トップのネイビーは上品で清楚、ボトムのベージュは可憐で華やか。まるでひとつの物語のようにコーデがフェミニンを語っています。
袖のフリルが特徴のトップスは肩から二の腕の細見え効果抜群で、ボディもすっきり見せています。トップスの裾をふんわりボトムインするのが今年流。暑さの中でもふわっと揺らめくエレガンス、上品さが際立つカジュアルです。

とろみ素材とふわっと感で着る、可憐なネイビーオールインワン

フェミニンさとアクティブさを兼ね備えたオールインワンが大人の女性に人気です。ふわっと空気を感じる優しいシルエットがフェミニンを演出し、セットアップのようなきちんと感と軽快さが1着の中で見事に両立。
ネイビーの持つ上品で知的なイメージが、トレンドアイテムをワンランク上に格上げしています。

フェミニンさの中に微かに漂うノスタルジー、ネイビーのギンガムチェックのチュールスカート

極上の甘さがフェミニンの中で溶け合うような、ふんわり優しいガーリーコーデ。ボリュームのあるギンガムチェックのチュールスカートは、エアリーな流れを取り込むシルエットで、どこか懐かしさを感じます。清楚なネイビーとイノセンスなイメージのチュールが重なって、エレガンスレベルも急上昇。臆することなくガーリーなシフォンのトップスをあわせたら、夏の甘さを独り占めするコーディネートの完成です。

カジュアル部門のネイビーと言えば、濃いめのインディゴデニムに異論なし

この際だからデニムonデニムをおさらいしましょう。決して作業着に見せない、だらしくなく見せないための鉄則は、”上を薄く”+”下を濃く”です。ここをきっちり押さえておけば、濃いめのインディゴだろうとダメージデニムでも難なくそつなくキマります。
さらに今っぽい着こなしのポイントは、よほど短い丈のシャツでない限り、必ず裾をボトムにインすること。ちょっとたるませるて、ウエストにふわっと感を出すのことでこなれた感じに仕上がります。

The following two tabs change content below.

breath.

アパレル・ファッション業界にて国内外のデザイナーズブランドを中心にマーチャンダイジング、ヴィジュアルマーチャンダイジング、SHOPマネージャーの仕事に25年携わってきました。 2014年1月より独立して、販売代行業、ブランド店舗開発における企画立案、商品開発、店舗運営などファッションに関する仕事を全般的に手掛けています。