クリノリンの意味|ファッション用語

1850年代にナポレオン4世の母のフランス皇后が流行らせたのが、クリノリンです。針金や骨組みで作られた、枠状の下着です。下着の代わりにスカートの下に履くペチコート型の枠で、流行と共に枠も膨らんで体型カバーに使用されていたのです。

The following two tabs change content below.