お疲れ女子必見! 元気が出ちゃうビタミンカラーコーデ

色には不思議な効能があるとされています。
赤を見ると血流が活性化して活動的になるとか、青を見ると落ち着いてゆっくり眠れるとか、みなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。
色がその人の心に働きかけるというのは、どうやら本当らしいです。
では、元気を出したいときにはどんな色を身に付ければいいのか……そう、それはビタミンカラー!
ビタミンカラーは夏の色と思われがちですが、オールシーズン着たってOK。
今回は元気が出るビタミンカラーの着こなしについてご紹介します。

そもそもビタミンカラーってなんだ?

大辞泉によると、「ビタミンカラー」は以下のように説明されています。

「柑橘(かんきつ)類に見られるような明るいビビッドな色調の総称。明るい黄色、緑色、オレンジ色など。柑橘類にビタミンCが豊富なことから呼ばれるようになった。」

柑橘類=ビタミン、という発想だったんですね。
「疲れた時にはビタミンをとったほうがいい」なんて言いますが、ビタミンを連想させる色を身につけることによって、元気になれそうです。

フェミニンオーラを出しつつ、ビタミンカラーでまとめた全身コーデ


明るいイエローのカーディガンに爽やかなグリーンのボーダートップス。
そのままでは少し抜けすぎた感じになってしまうのを、ビビッドなオレンジの差し色バッグで引き締めています。
ビタミンカラーのまさに王道と言える着こなしで、見ているこちらまで元気になれるコーディネート。
スカートはレースで、フェミンさを忘れていないところもいいですね。
そして、後ろにいるのはゆるキャラのふなっしー!
実はこのファッショニスタ、ふなっしーカラーでコーディネートしていたんですね。
つまり、ふなっしーの色使いってビタミンカラーそのものなんです。
ふなっしーが「癒される」と人気があるのも、もしかしてそのカラーのせいかも?

モテカラーのネイビーTシャツと、ビタミンカラーの”マキシ丈スカート”コーデでちょうどいい抜け感

鮮やかなグリーンが印象的な着こなしですね。
ワンピースや”マキシ丈スカート”は布面積が広いぶん、重い色を選ぶと野暮ったくなってしまうことがあります。
ですが、このようにビタミンカラーをチョイスすることで、印象はとってもヘルシーで軽やかなものになりますよ。
サングラスを胸元にかけ、アクセントにしているのもとってもgood!
サングラスをアクセントとして使うとき、気をつけたいのは気張りすぎたイメージになってしまうこと。
スナップではネイビーのTシャツを合わせ、サングラスを浮かないようにすることで、気張りすぎを回避し、ちょうどいい抜け感に。

オフィスやモノトーンコーデでビタミンカラーを取り入れるなら、小物からが吉!

ビタミンカラーの洋服を持っていない人は、まずは小物から取り入れてみましょう。
モノトーンコーデやアースカラーも流行っていますが、そればかりだと一歩間違えると「ただの地味な人」になってしまう危険性があります。
このスナップのファッショニスタのように、モノトーンコーデに、バッグとシューズのカラーを合わせるのが、ビタミンカラー初心者さんの近道。
あまり派手な色の服を着ていくのに気が引けるオフィスでも、これなら真似できますね。

いかがでしたか。
ビタミンカラーは身につけている自分も、見ている周りの人たちにも元気を与えてくれるカラー!
ぜひ人の多く集まる場所で身につけてくださいね♪

The following two tabs change content below.
みずしま

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。