2016年のカラー・オブ・ザ・イヤー、キーワードは”調和”


先日「2016 カラー・オブ・ザ・イヤー(2016 Color of the Year )」という
、1年のトレンドカラーを決定する発表が、米パントン社(PANTONE)より行われました。
今年の顔となるカラーとして選ばれたのは、淡いブルーの”セレニティー(Serenity)”とペールピンクの “ローズ クウォーツ(Rose Quartz)”。
毎年1つのカラーが発表されるなか、今年は異例の2色。これはジェンダーレスを象徴したカラー選出であり、ファッション界もそれに追随するように性別を超えたアイテムやカラーを発表しています。


寒色と暖色である2色の調和こそが今年のトレンドカラーのキーワードであり、ファッションもまたジェンダーレスなアイテムが人気を集めるでしょう。
今回はそんなトレンドカラーを取り入れたアイテムやジェンダーレスなコーデを一足先にご紹介します。

暖かく安心感を与えるローズ クウォーツ(Rose Quartz)



まず1つめのトレンドカラーであるローズクウォーツは、淡くやわらかなピンク色です。
ヴィヴィッドなカラーが増える夏にも主張しすぎず、ほかのカラーやデザインとの親和性のある色です。淡いピンクのトップスはさまざまなボトムスとも合わせやすく、場所やスタイルを選ばない汎用性の高さも魅力的です。

落ち着きや安らぎを与えるセレニティー(Serenity)


ローズクウォーツとの相性も良いセレニティーは、淡いブルーのこと。落ち着いたトーンや色合いから安らぎを与えてくれる色とも言われています。
ほんのり紫がかった優しい色合いはスカートなどのフェミニンなアイテムとも相性が良く、グレーやその他のパステルカラーと合わせて全体的にグラデーションのあるコーデにするのもおすすめです。

ジェンダーレスなブルゾン

ジェンダーレスなファッションアイテムとして人気なのがブルゾンですが、今年は淡いカラーのアイテムが流行の兆しを見せています。ワンピースやパンツスタイルにあえてオーバーサイズで着こなすなど、これまでのブルゾンスタイルをより進化させたコーデに人気が集まりそうです。

The following two tabs change content below.

otami

美容系雑誌の編集からIT業界に転じてwebデザインやコンテンツ作りに従事しています。ファッション/美容/文学が大好き。虎視眈々と海外進出の機を狙う28歳。