冬から春へのホワイトアイテムを攻略する5つの方法♪

ダークな色でコーデしがちな冬のスタイリングのなかで、ホワイトは抜群の華やかさを与えてくれます。
体型を気にしてホワイトアイテムを遠ざけるのはもったいないですよ!
ホワイトの割合やスポット使いのホワイトで、太って見える心配も解消すること間違いなし。冬から春へ、上手にホワイトを使って、いち早く透明感のある着こなしを実現しましょう。

アウターにホワイトを選んだら、インナーは色を統一してメリハリを

ハードルが高そうに思えるアウターのホワイト。スナップのようなコーディガンやローブなど、春先まで使えそうなホワイトのアウターは、これから買っても十分活躍してくれるアイテムです。
ホワイトのアウターを攻略するには、まずは配色です。インナーになるトップスとボトムスは、ダークな色の同色でコーディネートすること。フロントからのぞく色が切れることなくつながることで、フロント部分の縦ラインに目がいき細見え効果が期待できます。そのためにも前開けスタイルで着るのが正解。
二の腕の太さが気になるのであれば、腕まわりに少し余裕のあるサイズのもので、薄すぎない素材を選びましょう。

憧れのワントーンホワイトコーデ! アウターはミドル丈以上の長さで別色を

さきほどの逆パターンで、インナーになるトップスとボトムスをホワイトでワントーンコーデにしたい場合、アウターだけは別色をチョイスしてホワイトの配分を調整します。
上下のホワイトに負けない配分にするためには、ミドル丈以上の長さで一番幅のある腰まわりをカバーしましょう。
ホワイトの柔らかい印象を崩したくなければグレーやキャメルがベストです。クールな雰囲気にしたいならブラック、マリンぽくネイビーをチョイスしてもいいですね。

ホワイトのクロップド丈ワイドパンツは太ももが気になる人にも挑戦しやすいアイテム

ホワイトのパンツは、太ももが気になる人にはなかなか手を出しにくいアイテムですよね。そんな人にはホワイトのワイドパンツやガウチョパンツをおすすめします。ゆったりしたわたりで太ももをカバーしてくれるうえ、足首が見えるので重さを感じさせません。実はベージュやオフホワイトを選ぶより、潔いぐらいのホワイトを選んだほうが幅を感じさせないのです。
特にアウターを羽織れる冬は、ホワイトの存在感を調整できる絶好の季節。スナップのようにトップスにもホワイトベースのボーダーをもってくるなど、ここでもフロントが色でつながるようにするとスッキリ見えます。

小物のホワイトは見せ方が決め手! 離して使う上級テクで失敗しない

小物で2ヶ所にホワイトを使う場合、ホワイトの距離で印象が変わります。今までは色をつなぐコーデ術を紹介しましたが、スポットにホワイトを使うなら、離して使うとこなれて見えます。
たとえば、スナップのように首元にホワイトを使ったら、帽子などではなく、ベルトやシューズにホワイトをもってきたほうが、断然おしゃれ度がアップします。
ベルトで使う場合は、ぐるっと見せてしまうのではなく、部分的にチラッと見えるぐらいがベスト。1点だけホワイトを使うよりもグッと洗練して見えるので試してみてください。

困ったときのホワイトスニーカーは大人のきれいめコーデにこそ必要

シーズンを通して活躍するホワイトスニーカー。カジュアルなスタイルにしか使っていない人も多いのでは? そもそもカジュアルスタイルにしかスニーカーを履かないのは、スニーカーのポテンシャルを半分しか使っていないようなもの。大人のきれいめコーデにこそ、ぜひホワイトスニーカーをハズしで使ってみてください。
白のスニーカーは、オールシーズン使えて、カジュアルにもきれいめにも使える名バイプレーヤー です。冬から春へのハジしアイテムとして、スナップのようなトレンチコートや、女らしさが強調されるペンシルスカートなどにも、ぜひホワイトスニーカーを取り入れてみてください。

The following two tabs change content below.

mika

ファッション誌の編集を経て、フリーのライターとして独立。 結婚後はアンティーク着物などに興味を持ち、着付け講師の免状を取得。 ファッションも生活雑貨も触れてトキメクものに惹かれます。