今年も“熱い”夏フェスの時期がやってきた! 夏フェス定番コーデ&アイテム!

夏のイベントと言えば“夏フェス”ですよね! 野外フェスも多くなるこの時期、何を着ていこうか迷ってしまいます。 夏フェス常連さんは確認のため、そして夏フェス初心者さんはぜひ参考になさってくださいね。 夏フェスを思いっきり楽しむためのおすすめのコーデやあると便利なアイテムをご紹介します!

夏フェスコーデの定番! ショートパンツにTシャツ!

1

夏フェスコーデの定番とも言える、デニムショートパンツと半袖Tシャツの組み合わせ。 何を着ていけばいいか迷っている夏フェス初心者さんにもおすすめ。 1日中歩いて回ったり、飛んで跳ねたりとなにかと“足”を使うのでスニーカーが動きやすくて◎ 羽織ったオーバーシャツが日焼け対策にもなるコーディネートです。

野外夏フェスの急な悪天候にも安心! 便利なラバーブーツ!

2

野外フェスは天候に左右されることもしばしば。 前日の天気が雨であれば、フェス当日の足元のコンディションは最悪と言っても良いでしょう。 会場内を歩き回るうちに、足元がグショグショでテンションは下がる一方です。 最後まで楽しむためにも、レインブーツ(長靴やラバーブーツ)は必須アイテムと言っても過言ではないのです。 スニーカーでは対応しきれない、ぬかるんだ地面でも大活躍!

野外夏フェスでの紫外線対策アイテム“ハット”は必需品!

3

1日中強い日差しに晒される夏フェスならば、紫外線対策としてハットはマストアイテム。 キャップの他にも、ストローハットやバケットハットなど、種類も様々なものがあります。 自分に合ったもの、または使い回しのしやすい帽子を選んでみてくださいね。

レギンスやリュックも夏フェスには欠かせません!

4

レギンスは日焼け対策はもちろんのこと、虫刺されや急な冷え込み対策にも。 最初にご紹介した、ショートパンツ×Tシャツコーデに合わせても◎ リュックは両手が空いて便利ですが、ステージ近くで見るときは、後ろの人に迷惑になることもあります。 貴重品を身に着けておく場合は、ウエストポーチなど小さめのバッグを用意し、リュックはクロークに預けるなど配慮があると良いでしょう♪

The following two tabs change content below.

ユキ

元アパレル販売員です。現在は新米ライターとして活動中ですが、まだまだ未熟者です。日々精進できるよう頑張ってます。絶賛子育て中でチョコと猫と服を見てるのが大好き。