楽ちんバレエシューズで、夏のお出かけを楽しもう♡

何かとレジャーの多い夏は、歩く機会も増えるもの。
そこで欲しくなるのが「可愛くて、おしゃれな靴」ですよね♪
「スニーカーは歩きやすくていいんだけど、トレンドが長くなってきてちょっと飽きてきた……」
そんなあなたにはバレエシューズがイチオシです!

きれいめコーデに合わせたいバレエシューズは全体のバランスがキモ

スニーカーはカジュアルなコーデにはばっちりだけど、少しきれいめに決めたいときには合わないと感じることも。そんな時はバレエシューズの出番です。

バレエシューズのようなぺたんこ靴を履くときに気をつけたいのが、全体のバランスです。
小柄な人は特に、上半身をコンパクトにまとめる・丈の短いものを選ぶようにしましょう。
またトップスに濃い色を、ボトムスに薄い色を持ってくることで視線が上に向きます。
これでバレエシューズでも足長効果♪

楽ちんにスタイルアップで足長を目指すなら、ベージュのバレエシューズを

「全身のバランスを考えるのは私には難しい。っていうか面倒くさい!」
そんなあなたは迷わず、ベージュのバレエシューズを選びましょう。

ベージュのシューズは肌の色と一体化するため、そのぶん足が長く見えます♪
しっかり靴を履いているのに軽やかに見えるから、サンダルを履くことに抵抗がある人にもおすすめですよ。
スナップのファッショニスタはママさんですが、ぺたんこ靴のバレエシューズは子育て中のママにも、プレママにも安心ですね。

二足目はお好みの柄のバレエシューズをゲットして!

モノトーンコーデのアクセントに使いたいのが、柄のバレエシューズです。
形はシックでシンプルなので、自分好みの柄で個性を演出することができます♪

スナップのファッショニスタも、モノトーンコーデに足元にはレオパード柄のバレエシューズを合わせてアクセントにしていますね。
楽ちんなのに可愛いので、ちょっとしたお出かけだけどおしゃれを忘れたくない時も重宝します。

ライター:みずしま

The following two tabs change content below.

みずしま

着付け師の母のもとで育ち、和装・洋装問わずコーディネートの面白さに目覚める。大学院を終えたのち、おカタイ職業に就いたものの、「おしゃれな格好が出来ないこと」が想像以上のストレスとなり退職。現在は学生時代から続けているライター業で生計を立てている。普段から和装をする機会も多く、そのこともあってかシンプルな形の中に小物や色味でメリハリをきかせたコーディネートが得意。趣味は観劇で、特に歌舞伎の鑑賞はライフワーク。観劇中もついつい衣装に目がいってしまうのはご愛嬌。