重い印象になってしまいがちなニットの悩みを解決! あったかニットのコーディネートテクニック

寒い寒いこの季節、ニットセーターは暖かいマストアイテムですよね。
ただし「色が暗かったり厚手だったりと、重い印象になってしまう…」などの悩みは多いものです。
いくら「オシャレは我慢!」と言っても薄着で寒い思いをするのも嫌ですよね。
ニットは合わせ方によって重たくない、ガーリーにもキチンとした印象にも変わるものです!
TPOに合わせた温かいコーディネートをしてみましょう♪

ニットにYシャツやブラウスを合わせる

下にシャツを着るとキチンとした印象になります。
ニットが暗い色でも”白いYシャツ”を着ることにより顔周りも明るくなります。
”チェックシャツ”など柄や色が入っているシャツだとカジュアルなイメージにもなり、色々なコーディネートが楽しめますね。
「着膨れが気になる…」という方には、”付け襟”という襟だけをニットに付けることもできるのでぜひチャレンジしてみてください♪

トップスにニットを着るならボトムスは軽く!

【暗い色のニットのコーデのポイント】
暗い色のニットは重い印象が付きがちです。
そういったときは、明るい色のボトムスを持ってきましょう!
ホワイトのパンツはトレンドでもあり、爽やかなコーディネートに仕上がります。

【明るい色のニットのコーデのポイント】
明るい色のニットでも、シャギーニットや太めの毛糸でざっくり編んだものには重めの印象があります。
この場合は色ではなく素材を変えてチュールスカートなどを合わせてみましょう!
ふわふわと軽い印象の素材なので、上下のバランスが取れて、女の子らしいコーディネートに仕上がります。
もちろん暗い色のニットにもぴったりです!

アウターに明るい色を入れる!

他にも、アウターに明るい色を持ってくるというテクニックもあります。
「明るい色のボトムスは挑戦しにくい…」
「ジーンズと合わせたいけど明るい印象にしたい」
といったときにはアウターに明るい色を持ってくるといいでしょう。
トレンドの”チェスターコート”を着ると目に入る明るい色の範囲が増えるのでバランスの取れたコーディネートに仕上がりますよ♪

ライター:YUKA

The following two tabs change content below.

YUKA

服飾系大学で映画舞台衣装を専攻に学ぶ。 卒業後、10代後半~20代レディースカジュアル向けの会社にて企画職として従事。 結婚式など、冠婚葬祭のフォーマルな場での装いにも深い知識を持つ"フォーマルスペシャリスト"資格を保有。 現在は一児の母として子育て中。 Twitter:@ua99ha