足に優しいモカシンシューズで、ウォーム感のある秋のカジュアルコーデ♪

カジュアルなシューズとして、秋におすすめのがモカシンです。

もともとはアメリカのインディアンが鹿の皮で作っていたそう。スリッポンのように履き脱ぎがしやすく、フラットソールで履き心地も良いのがモカシンの特徴です。

ナチュラルテイストな大きめのステッチやスウェード素材が使用されているものが多く、ラフでネイティブな魅力がいっぱい詰まっています♡

今回は、モカシンを使ったカジュアルコーデをご紹介します♪

ショートパンツに黒モカシンで、ヘルシーな肌見せコーデ♡ ロングアウターを合わせてきれいめに♪

モカシンは素足に履くのがぴったりなシューズです。

スナップではデニムのショートパンツに黒のモカシンを合わせて、健康的な肌見せにぴったりな組み合わせになっていますね。ボトムが軽い分、丈の長いコートで少しボリュームを持たせてバランスを取った着こなしになっています。

こちらはグレーツィードのチェスターコートを合わせていますが、コートがまだ早いという時期はロングカーディガンを合わせる着こなしもおすすめです♪

モカシンはどんなジーンズとも合わせやすい、万能シューズ♪

モカシンといえば、ジーンズを合わせるカジュアルなコーデが定番。スナップのようなスキニージーンスのほか、ボーイフレンドジーンズやワイドシルエットのジーンズとも好相性なのがモカシンの良さです♪

モカシンとよく似たデザインにデッキシューズがありますが、革が柔らかくてよりリラックス感のあるのがモカシンの特徴です。

モカシンに靴下を合わせると野暮ったくなってしまうので、どうしても靴下を履きたいときは、見えない丈感のものを選びましょう。

フェミニンな白コーデは、黒モカシンでウォーム感をプラスする♪

オールホワイトに黒のモカシンがアクセントになった、モノトーンコーデです。白ニット×オフホワイトのロング丈チュールスカートというフェミニンな着こなしを、足元の黒モカシンが引き締めていますね。

秋の白コーデには少し暖かみのあるアイテムをプラスしたいところ。スウェード素材のモカシンを組み合わせることで、ひんやりする季節の白コーデにバランスが取れます♪

モカシンといえばミネトンカ♪ オールドアメリカンなデザイン&柔らかいレザーが人気

モカシンといえば、ミネトンカが有名ですね。

すっかり定着した感のあるミネトンカは、ハンドメイド感のある独特の風合いが人気のブランドです。ベーシックなカラー以外にも色展開が豊富で、履き心地のいい柔らかなレザーが世界中の人から支持されています。

洗練されすぎない、オールドアメリカンの持つ素朴なニュアンスが特徴のミネトンカのモカシンは、シンプルやカジュアルなコーデに合わせることで、こなれた感じに使えます。お気に入りのカラーを持っておきたいアイテムですね♪

ゆるっとしたVネックのワンピースに合わせて大人っぽく

モカシンシューズは、ゆるめなアイテムと相性バツグン。オーバーサイズなワンピースをプラスすれば、リラクシーな大人カジュアルに仕上がります。

ゆったりしたワンピースには、襟元がスッキリしたVネックをチョイス。女性らしいデコルテラインが引き立ち、モカシンシューズのラフコーデに大人っぽいこなれ感が加わりますよ♪

ワイドジーンズをロールアップすると、モカシンシューズがこなれて見える!

モカシンシューズにワイドシルエットのジーンズを合わせる場合は、裾をロールアップして着こなすのが◎。

丈感を調節することで、ジーンズとモカシンシューズがバランスよく決まり、スッキリこなれ見えに。ロールアップのアクセントも加わります。

ふわもこで可愛い! 暖かいファーやボアのモカシンシューズ

冬シーズンにおすすめなのが、ファーやボアを使ったモカシンシューズ。

暖かいファーやボアをあしらったデザインはふわもこ感たっぷり。足元が可愛いムードになる上、ぽってりとしたボリュームが重量感を加えて、コーディネートもバランスよく決まりますよ♪

カジュアルじゃない、女性らしいデザインのモカシンシューズも登場中!

カジュアルなモカシンシューズに加え、最近はきれいめなモカシンシューズも登場中。

細いつま先・ツヤのあるレザーに加え、バックルの飾りが付いているので、女性らしさがぐっとアップ。スウェード生地の素朴なモカシンシューズに比べて、スタイリッシュな雰囲気に仕上がります。

デザインがビットローファー風のため、すっきりと洗練された表情になるのも特徴。きれいめなパンツに組み合わせると、大人っぽいよそ行きモードに!

2015年9月20日 公開
2021年3月29日 更新

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。