シャツの「襟抜き」上手くやれてる? こなれコーデに必須のテクをマスターしよう!

シャツの後ろを引っ張り、うなじを見せる「襟抜き」。ラフな着こなしが“程よいセクシーさ”と“こなれ感”を演出してくれるテクニックですね。
“上級者見え”が叶う「襟抜き」ですが、下手をするとだらしない印象に見えてしまうことも。「襟抜き」のコツを基本からおさらいして、今季のシャツコーデに自信を持って取り入れていきましょう!

「襟抜き」は和服の着付けテクでもあるんです♪

うなじを見せて女性らしさをアピールする「襟抜き」は、和服の着付けにも用いられるテクニックです。こちらのスナップでは、襟の部分がきれいな曲線を描いて下に落ちているのがよく分かりますね。
「襟抜き」をして和服を着付けるのは、大人の女性の証。逆に小さい子供や男性の着付けで「襟抜き」することはありません。つまり「襟抜き」は“大人の女性”ならではの着こなしとして昔から親しまれている、日本人が得意とするテクニックなんです。

ベストバランスは「こぶし1つ分」と覚えましょう♪

「『襟抜き』するとだらしなく見えてしまう」とお悩みの方は、襟の抜き具合に問題があるのかも。襟は「こぶし1つ分」くらい開けるのが丁度いいと言われています。鏡を見ながらバランスをよく確認してみましょう。

もう1つ注意したいのが、襟抜き後の背中部分。背中の辺りでシャツがモタついてグシャっとしていると、だらしなく見えがちです! 時々は軽く背中を引っ張って、スッキリと着こなしましょう。

「襟抜き」でトレンドコーデが一気にこなれる!

足元がすっぽり隠れるくらいのマキシ丈が70年代風でトレンド感漂うデニムスカート。そこにシンプルな白シャツを合わせることで、トレンドアイテムを上手く日常に馴染ませています。

「頑張った」風に見えてしまいがちなトレンド感強めのアイテムも、「襟抜き」で抜け感を演出することによってこなれた印象に。肩の力が抜けた着こなしが、大人の余裕を感じさせるコーディネートですね♪

きちんとイメージのストライプシャツも適度にカジュアルダウン

爽やかなブルーのストライプシャツは、清潔感があり“きちんと見え”するアイテムですね。全体的に清楚で上品な着こなしですが、それだけだと少し“近寄りがたいイメージ”を持たれてしまうことも。
スナップでは「襟抜き」でシャツを着崩すことにより、親しみの持てる印象にシフトチェンジしています。バッグやシューズにトレンドを散りばめて、大人カジュアルな雰囲気にスタイリングしましょう。
品の良さはそのままに、遊び心も感じさせるコーディネートの完成です。

下半身にボリュームがあるワイドパンツのときにも、「襟抜き」がポイントに

ワイドパンツやフレアスカートなど、下半身にボリュームが出やすいボトムスのときにも「襟抜き」がポイントになります。
そのままシャツを着るよりも、「襟抜き」をして抜け感をプラスするだけで洗練された雰囲気に。
シャツだけでなく、ニットのときにも、うなじやデコルテを見せるだけでコーデのこなれ度がアップします。

シンプルなシャツワンピは、「襟抜き」がおしゃれの明暗を分ける!

ライトアウターとしても使えますが、1枚でサラッと着ることも多いシャツワンピース。シャツワンピースを着るときは、シンプルな着こなしだからこそ「襟抜き」で抜け感をプラスしましょう。
「襟抜き」をするだけでサマになりますよ♪

アウターを羽織るときでも「襟抜き」を忘れずに

「襟抜き」は後ろ姿だけではなく、正面からも美しく見せてくれます。
アウターを羽織るときも、「襟抜き」をお忘れなく。襟がピシッときれいに整うので、何もせず着たままでいるよりもこなれた着こなしができますよ♪

ちょっとの差ですが、「襟抜き」をするのとしないのとではコーデが見違えます。簡単なひと手間をかけて、よりおしゃれなコーデを目指しましょう♡

2017年3月17日 mamiko 更新

The following two tabs change content below.

AMO

ショップ販売員の経験を活かして、ファッション関係のライティングを中心に活動中。新米主婦でもあります。 最近は和服に目覚めて、着付け教室に通うのが楽しみのひとつ。 “好き”と“トレンド”の両方が叶う、着る人がハッピーになれるコーディネートの提案を目指しています♪