「ダウンコートの着こなし方が分からない!」そのお悩み一挙解決します♪

最終更新日: 2017/01/08 by #CBK編集部

気温も低く風も冷たい真冬の外出は、とてもつらいですよね。おしゃれは我慢!なんていうけれど、やっぱり寒さに怯えず過ごしたいものです。

この時季になると気になるのが、どんなコートよりも防寒、保温に優れているダウンコートです。でも着ぶくれしそうでどんな着方をすればいいのか分からず、手が出せずにいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ダウンコートビギナーさんでもうまくいく、着こなしの秘訣をお手本スナップでご紹介していきます。

この冬こそ念願のダウンコートを手に入れちゃいましょう!

きれいめボトムでコンサバに振れば、ダウンコートも着ぶくれせず今年っぽい☆

今年はフレアスカートがブームですが、ダウンコートを羽織る時はコンサバ感のあるきれいめボトムを選ぶのが正解◎ Iラインが強調され、着ぶくれする心配もありません。

スナップのようなへちまカラーは、顔まわりにボリュームが出せ小顔効果も期待できます。逆三角形ラインで下半身カバーも叶い、一石二鳥です。

モデルさんは赤や上品見えするベージュを合わせ、タイトスカートの女っぽさ際立たせています。冬のデートにもおすすめです♪

着ぶくれしそうな明るい色のダウンコートは、中のコーデを暗い色で引き締めIラインを強調すれば、スタイルよく着こなせます♪

明るい色のダウンコートは、着ぶくれして見えそうと手が出せずにいる人も多いのではないでしょうか。

そんな難易度高めな淡色には、中のコーデをダークトーンでまとめIラインを強調しましょう。全体が引き締まり、スタイルよく見栄えします。老けて見られがちなベージュやブラウンも、これならメリハリ感でこなれて見えます。

ダウンコートを着る時、小物はカジュアルよりも女っぽいアイテムを選びましょう。モデルさんのように華奢ネックレスやきちんと感のあるスクエアバッグでダウンコートのほっこり感を払拭すれば、都会的でシャープに着こなせますよ♪

甘派さんやワイドパンツと好相性なのは、ショート丈のダウンコートです♪

基本甘めのテイストが好きな人や、ガウチョやワイドパンツのようなバランスが難しいアイテムには、ショート丈のダウンコートがおすすめです。

ダウンも重たく見えずバランスが取りやすいので、ビギナーさんでもうまくまとまります。

スナップのような甘いフレアスカートには、ジャストサイズよりも今年はあえてワンサイズ大きめのサイズを選ぶと今っぽい! リラックス感のあるカジュアルが、女性らしさを一層際立たせてくれます。

モデルさんのようにポインテッドブーティでシャープなラインを演出すれば、ダウンコートのほっこり感がセーブされ、コーデの洗練度をより高めてくれますよ♪

地味に見えがちな黒のダウンコートは、「がんばりすぎ?」ぐらいの盛り感がちょうどいい♪

黒のダウンコートは地味に見えがちなので、「がんばりすぎ?」ぐらい盛るぐらいがちょうどいいバランスに◎

モデルさんは太ベルトを巻いてエレガントな着こなしに格上げしています。 同色のベルトなので、悪目立ちすることなく自然ですよね♪ 体のラインが隠れるダウンコートも、これなら簡単にメリハリが出せます。少し高い位置で巻けば、ウエストの位置があがってスタイルアップ効果も絶大です。

まわりとかぶる率の高いプチプラショップのコートも、このテクニックならまるで違うアイテムのように印象が激変! 年末年始人の集まる場へ行く時に活用してみてくださいね♪

The following two tabs change content below.
しずるん

しずるん

10年以上アパレルのネット通販会社に勤めていました。昔から服が大好きで、色々な雑誌でトレンドをチェックしています。 CUBKIライターとして成長を重ねながら自分の経験や持っている情報を皆さんに楽しくお伝えできるようにがんばります(^O^)/ よろしくお願いします♡

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です