2017年春もデニムジャケットをヘビロテ! 人気ファッショニスタのお手本コーデ

最終更新日: 2017/04/06 by watabe

何はなくとも、とりあえず手に入れたいデニムジャケット。微妙なウォッシュ加減やシルエットも豊富で、自分にはどんなものが似合うのか迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなお悩みにこたえるデニムジャケットの鉄板コーデをご紹介します!

デニムジャケット×ワントーンコーデ

今年のトレンド、アビスブルーに近い深い色合いのデニムジャケット。カジュアルなデニムを上品に着こなすには、全体のトーンを合わせることもポイントです。スナップでは黒を基調にして、縦長のラインも強調されています。
身長が低くて常にヒールが手放せないという方も、この方法なら一気にスレンダーに見えるからおすすめですよ。春なので、足元だけは爽やかな抜け感をプラスすることもお忘れなく!

デニムジャケット×甘めトップス×スキニーボトム

スキニータイプのボトムで作るクールなコーデも素敵です。ただ単純にハードな仕上がりではなく今年っぽいアクセントをつけるなら、インナーにソフトな印象のものを選ぶのが正解。スナップのようにフリルや花柄など、ちょっと甘めのガーリーテイストとデニムの組み合わせは最高です!

デニムジャケット×ピンク&グレーコーデ

あえてワイドシルエットのデニムジャケットをチョイスして、大人っぽいコーデに挑戦してみましょう。ライトグレーやくすんだピンクなど、春に活躍しそうな淡い色合いと組み合わせるとフェミニンなコーデの完成です。
さらにコーデを引き締めているのが、ビビッドピンクの華やかなヒール。少し強めのトレンドカラーは、少しずつ足していくことで自然とマッチするはずです。

デニムジャケット×デニムパンツコーデ

デニムONデニムは今年もぜひ取り入れて欲しいコーデ♡  ただし合わせ方次第では野暮ったく見えてしまうこともあるので注意が必要です。
スナップではデニムのインディゴとネイビー系で全体に統一感を持たせています。デニム同士の相性ですが、できるだけ上半身のトーンを明るく持ってくると失敗しません。足元を肌見せして、爽やかな抜けを作るのもポイントですよ♪

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。