シンプルな着こなしで高見えを狙いたい♡ カーディガンはトップス感覚で着る!

最終更新日: 2017/11/24 by watabe

羽織りとして着ることの多いカーディガンですが、ボタンを全部とめてトップスとして使うのが流行中♡ 着まわし力も上がって、プチプラのアイテムでも高見えが叶います。

秋冬に欠かせないニット。カーディガンも活用してコーデの幅を広げましょう。

カーディンガンで作るこなれカジュアル

シンプルにニットを着るだけでも可愛いですが、カーディガンをトップスとして使うことでこなれた印象のコーデに。襟部分をクイッとうしろに下げて抜き襟で着れば、ミニ丈ボトムでも大人っぽい印象に。

ブラックのVネックカーディガンでデコルテを強調

ブラックのVネックカーディガンを持っているなら、デコルテを強調して着こなすのがおすすめ。暗めカラーのアイテムでまとめても、デコルテの肌見せをするだけで抜け感をプラスできます。

手持ちのレッドカーディガンをトップスとして

コーデの差し色としてレッドのカーディガンをお持ちの方も多いと思います。羽織るだけでなく、たまにはトップスとして着てみるのはいかがでしょうか♡
着まわしで悩むカラーアイテムも、カーディガンなら幅広く着られます。

ニットカーディガン×レースキャミソールで大人可愛さをアピール

ボタンを留めたときにデコルテが開きすぎる場合は、キャミソールを仕込んでレースをチラ見せすると大人可愛い印象に。
カジュアル要素強めのときでも、女らしさをアピールできちゃいます。

カーディガンはかなり重宝するアイテム♡ 積極的にトップス使いしていきましょう。

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。