とにかく寒いんです! コートの前を閉めてもいいですか……のコーデ術

最終更新日: 2018/01/06 by watabe

コートやジャケットなどの冬物アウターを、おしゃれに着こなす王道テクニックは”前を開ける”こと。とはいえ、「こんなに寒いのに、コートの前を開けて冷たい風に吹かれるなんてとんでもない!」と思う方も多いですよね!
そこで今回は「とにかく寒い! コートの前を閉めてもいいですか……コートの前を開けないあか抜けコーデ」をご紹介します。
防寒第一でこの時季のおしゃれを諦めていた方にも、トライしたくなるテクニックが見つかるかも♪

オーバーサイズのコートは首元で引き締める

今季もトレンドの最先端を行くオーバーサイズのコート。ロング丈のデザインは、タイト過ぎず広がり過ぎない、すとんとしたシルエットに注目が集まっています。
しかし大きなシルエットになりやすいこちらのデザインは、メリハリを作ってスタイリッシュに着こなしたいところ。モデルさんは、首元に目を引くカラーでアクセントを作るテクニックです。
また、フリルになったスタンド襟と丸首のレイヤードスタイルは旬のスタイル。重ね着で防寒しつつ、トレンドも楽しめる狙い目のコーデです。

くしゅっとウエストマークするガウン型は今年も人気

大人っぽい着こなしが好み方におすすめなのがガウンコート。閉めたときの見た目も、まさに大人。こなれ感たっぷりで冬コーデを楽しめます♪
ガウンであか抜けるのが難しいときは、ヘアスタイルをコンパクトにすることと、スニーカーなどでつくるカジュアルスタイルに取り入れる2つのコツでトライしてみて! コンサバに着こなすのも素敵ですが、こなれたカジュアルとして成功しやすいポイントです。

閉めたときも”見た目の実力”を発揮するデザインコート

冬はコートを閉めて着る時間の方が長い! と確信している方は「閉めた時のデザイン」でコート選びをするのも一つの方法です。
モデルさんのコートは閉めた時もシルエットの美しさが引き立つデザイン。もちろん開けて着こなしても素敵です♪ このようなロングコートをはじめ、ダウンコートの中にも閉めた時のシルエットが魅力的なデザインもあります。
Aラインのものからコクーン型、襟元が個性的なものなどさまざま出ています。ガーリーなテイストだけでなく、クールに着こなせるものまで幅広くあるので、自分らしい一着に出会いたいですね!

ボタンを上の方だけ閉めてシルエットの抜け感を作る

ハーフ丈のコートやジャケットなどのアウターは、「ボタンの上の方だけ止める」というテクニックがあります。
前面きっちり閉めるよりも、Aラインのシルエットが出来やすく抜け感につながります。またアウターの中に着たトップスとのレイヤードが楽しめ、そこに全身の差し色を持ってきたりとアレンジの幅も広がります。

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。