“パリジェンヌ”コーデってどんなファッション? お金をかけなくてもおしゃれな人のルール

最終更新日: 2018/03/28 by watabe

お金をかければたくさんのアイテムが買え、好きな服を好きなだけ買うこともできますが、現実はそうもいきません。でも、限られた予算の中でおしゃれをすることは誰にでも可能です。

そこでお手本にしたいのがパリジェンヌたちのコーデ。彼女たちのテイストは「フレンチシック」とも呼ばれ、トレンドに流されることなく、本当に上質なもの&お気に入りのアイテムを着こなすのが特徴です。

「パリジェンヌ」「フレンチシック」。お金をかけなくてもおしゃれな人のヒントはそこにありました。

形のきれいなノンウォッシュデニムは絶対!

まず押さえておきたいのは、形がきれいなノンウォッシュのデニム。カジュアルなデニムスタイルもノンウォッシュならきれいめかつ上品に着られ、フレンチシックな着こなしが叶います。
とにかく形にこだわった一本を押さえておきましょう。

一枚でフレンチシックにキマる♡ ボーダートップス

ボーダートップスもフレンチシックスタイルに欠かせないアイテム。ボーダートップス×パンツを合わせるシンプルなコーデは、フレンチシックの定番です。
足元はヒールやパンプスで女らしさをプラスしましょう。

シャツは柄スカートで遊び心をプラスする

「フレンチシック=シンプル」なだけではありません。いつもTシャツやデニムばかり、これではただの手抜きに見えてしまいます。たまには柄スカートで遊び心をプラスするのもパリジェンヌのファッション。
いつものシンプルシャツに柄スカートを合わせて、デートにも行けちゃう女らしさを。

楽ちん、でも女っぽい。バレエシューズ

楽ちんなのに女っぽいバレエシューズもパリジェンヌにとっての相棒。
ヒールは女性らしさの象徴ですが、ぺたんこでもフェミニンで品格漂うバレエシューズはシンプルコーデのときこそ重宝するアイテムです。

パリジェンヌ、フレンチシックと聞くとハードル高く感じますが、押さえるポイントはたったの二つ。「本当にお気に入りのアイテム」を着て、「潔いシンプルさ&女らしさ」をトッピングすれば完成します……♡

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。