着てみたのに……。 買ったあとに後悔しないための「プロの試着術」

最終更新日: 2018/04/05 by watabe

「試着したのに、なぜか家に帰ってきたらしっくりこない」「雑誌で見たアイテムと同じなのに、なぜか自分が着るとイメージが違う」こんな失敗をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

「ただ着てみるだけ」で試着を済ませている方は要注意! 試着のときにチェックしておきたい4つのポイントを知っておきましょう。

普段着ている服で試着に行く

手持ちのアイテムに合わなければせっかく買ったものもクローゼットの奥にしまいこむことになってしまうかも……。靴、トップス、ボトムスは出番の多いものを着て試着に行くとイメージしやすいです。
なんとなくバランスが合わないときはすぐ購入せず、一旦考えてみるのもひとつの手。

いつものサイズ+ワンサイズ大きいものも試着してみる

「いつもMだから」と言って、Mだけの試着をしていてはもったいない! おしゃれな人はサイズ選びにもこだわりがあります。
実は、「サイズがぴったり=自分に合っている」というわけではないのです。大きめのサイズも試着して、どちらがあか抜けて見えるか比べてみましょう。今はビッグシルエットがトレンドなので、ワンサイズ大きい方がおしゃれに着られることも多いです。

動きやすいかチェック

見落としがちですが、「動きやすいか?」というポイントも忘れずにチェックを。
腕を回してみて突っ張った感じがしないか、しゃがんだときに背中がペロッと露出してしまわないか、下着が出てしまわないか……など。
動きにくい服はどんなにデザインが良くても疎遠になってしまうもの。納得するまでチェックしましょう。

袖や裾をまくってみる

サイズもいい、動きやすさもOK、次にチェックしたいのは着こなしのイメージ。
袖をまくったとき、モコモコしてしまわないか、窮屈じゃないか。デニムパンツの裾、ロールアップしてみたら裏地の色がイメージと違わないか。
「実際にこう着るだろうな」というのをイメージして、その着こなしを再現してみましょう。思わぬ「違う!」があるかもしれません。

 

試着のときは、細かいところまでチェックをしておきましょう。悩んだときは一度保留にすると、本当に欲しいかどうかが分かるはずです……♪

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。