【2018SS】レーススカートは“甘さを抑えて着る”がキーワード♡

最終更新日: 2018/05/23 by watabe

コンサバなアイテムでもあるレーススカート。今季は甘さをググ~ッと抑えて着るのが主流になっています。

「レーススカートは甘くて苦手」そんな方もカジュアルダウンして着れば抵抗が少ないはず。レースならではの甘さにカジュアルアイテムを足す……そのバランスがとっても可愛いんです♡

レーススカート×フーディーで作る大人カジュアル

ネイビーのレーススカート。ブラウスやシャツを合わせるとコンサバなテイストに寄りますが、フーディーを合わせれば雰囲気が一変♡ 女っぽさ漂う大人カジュアルな装いに。
暑いときはTシャツやスニーカーにシフトしてカジュアル感を加えていきましょう。

甘めホワイトレーススカートにはスウェットをON

甘い印象が強いホワイトのレーススカートも、スウェットを合わせるだけで程よく甘さを抑えられます。太ベルトのミュールで辛口なアクセントをプラスすれば、ハイセンスなカジュアルさが演出できますよ♪
スウェットを一枚押さえておくと甘さを抑えたいときに便利に使えます。

ロゴスウェットでレーススカートのこなれ感をアップ

無地スウェットの使いやすさはもちろんですが、ロゴスウェットも一着あるとコーデの幅が広がります。無地よりもカジュアルさがアップして、グッとこなれ感がアップします。
ヒールを合わせてもカジュアルな印象をキープできるのは、ロゴスウェットならでは。

ボーダートップス×レーススカートできれいめカジュアル

あまりカジュアルになりすぎるのはちょっと……というきれいめ派さんは、ボーダートップスでレーススカートをカジュアルダウン。きれいめな印象はそのままに、程よいカジュアル感を演出してくれます。
足元の赤が女度を底上げして良いアクセントに。

コンサバに偏りがちなレーススカート。たまにはカジュアルに着て、旬のコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。