目指せ肌美人♡ 美白への近道は「日焼けしないこと」にあり!

最終更新日: 2018/07/25 by watabe

大人女子の春から夏にかけての最大の敵は日差し。シミやシワの原因になる紫外線には、しっかりとした対策が必要です。
肌老化の原因の80%が紫外線を浴びることだそう。美白化粧品だけに頼るのは難しいのでしょうか?

日焼けしないのが一番の近道

紫外線にA波、B波があるのはみなさんご存じだと思います。
ついつい日差しを浴びて肌が薄赤くなった経験がありませんか? それはB波の仕業。波長は短いのですが、エネルギーが強いので肌表面に炎症を起こしたり、シミの原因をつくってしまいます。
そして油断がならないのがA波。波長が長く肌の奥深くまで到達します。時間をかけて真皮にあるコラーゲンを変性させたり、シミの原因にもなっていくようです。
まずは日焼けをしないことが美肌づくりへの近道と言えます。

 

美白化粧品は積極的に使いたい

現在市販されている美白化粧品は、“メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐ”というのがメイン。できてしまったシミを白くするイメージがありますが、シミを増やさない、できにくくするのが目的と言えます。ぜひ効果的に使ってシミを作りにくくしましょう。

 

ビタミンC誘導体・アルブチン・コウジ酸のシミへのアプローチとは?

シミの元になる“メラニン色素”という言葉はよく耳にすると思います。そのメラニン色素を合成する「チロシナーゼ」という酵素が存在します。紫外線を浴びることでチロシナーゼ酵素が活発に働き、シミをつくることになります。
ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸などの成分にはチロシナーゼの活性を抑える働きがあることがわかっています。結果的にシミを増やさない効果があるので、美白化粧品に用いられています。

 

日焼け止めはもはやマストアイテム

シミや美白のために紫外線対策をしていると思いますが、ここでしっかりおさらいをしておきましょう。

1. 美白化粧品を使用してメラニン色素の活性を抑える

2. UVカットのファンデーションを使う

3. 首やデコルテ、ボディには日焼け止めを塗る

4. 目から紫外線が入るため、できればサングラスを使う

5. 外出時は帽子や日傘を使う

しっかりUVケアをしながら、充分な保湿もお忘れなく。日焼けをしないことが美肌への近道です。この夏は肌美人を目指しましょう♪

The following two tabs change content below.
ロザリンダ

ロザリンダ

美大デザイン科を卒業後、アパレルデザイナー、ファッションプランナーとして15年勤める。また一方アロマテラピーに興味を持ちアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得。その後、心と体の健康や美容についての講座を開き講師として10年ほど活動しています。 現在アパレルデザイナーとアロマテラピー講師の経験を活かしてファッション記事のキュレーターと美容・健康記事のライターをしています。