ワンピース好きさん必見! 一歩先ゆくワンピースレイヤードスタイル4選

最終更新日: 2018/11/08 by watabe

2018年秋冬のトレンドアイテム、“ニットワンピース“。主役に着こなすなら、ひざ下丈のロングタイプをセレクトして、大人っぽくまとめるのが正解。サイドにスリットが入ったデザインなら、ロング丈でも足さばき軽やかに過ごすことができます。レギンスやスキニーパンツなど、すっきりボトム合わせで旬度もUP。
ワンピースレイヤードのお手本コーデを、さっそくチェックしてみましょう。

重くなりがちなロングワンピースは、抜け感とサイズ感でカジュアルに仕上げる

重く見えがちな濃いめベージュやブラウンのワンピースは、あえて大きめサイズをチョイスしてカジュアルさが際立つ着こなしに。ボトムに細身のデニムパンツ、足元はシックなブラックパンプス&ホワイト靴下を合わせて抜け感を演出すれば、周りと差がつく秋冬のこなれスタイルが完成します。

定番ニットワンピース×リブレギンスのレイヤードで今年らしいバランスに

今秋大ブレークのリブレギンスは、裾がメロウなタイプをセレクト。シーズンムード高まるニットワンピースと相まって、大人の女性らしさたっぷりに仕上がります。膨張しがちなベージュのワントーンスタイルは、小物をブラックで統一することでメリハリをつけて、スタイルアップを狙って。

無地のホワイトワンピースはモノトーンで大人っぽく

女性らしいホワイトニットワンピースにブラックレギンス×大判ストールをプラスした大人のきれいめカジュアルコーデ。シンプルな無地のワンピースも着こなしを少し工夫するだけで、簡単に今季っぽいスタイリングに。ブラックの小物を使ってシックに仕上げるのが大人のたしなみです。

今季旬のニットワンピースはスキニーパンツで幼く見せない

今季旬のニットワンピース×レギンスの組み合わせは、子どもっぽく見えたり、カジュアルになっちゃうからあまり好みじゃない……そんな風に感じている人には、レギンスではなくスキニーパンツで大人っぽく着こなすのがおすすめです。毛足の長いファーバッグやレオパード柄フラットシューズで、女性らしさを引き立たせて。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。