芸術の秋は美術館デートがしたい♡ 知的な雰囲気に合う服装とは?

最終更新日: 2018/11/14 by watabe

芸術の秋、知的なデートを楽しみたい方には美術館がおすすめ。静かでゆったりと楽しめる雰囲気は大人ならではのものです。せっかくならコーデもばっちり決めて、雰囲気に合った素敵な着こなしをして出かけたいですよね。今回はそんな美術館デートにぴったりなコーデをご紹介します♡

今風ガーリーコーデはきちんと上品に

きちんとまとめた上品なガーリースタイルは、万人にウケる王道のモテコーデ。大人ならではの気配りが感じられ、美術館にもしっかりと対応できます。チェック柄のプリーツスカートとレースアップシューズで品よくまとめながらも、デニムジャケットで今風なテイストもさりげなく加えてみて。

小物をうまく使いこなしてシックな仕上がりに

1枚でばっちり決まるブラックのロングワンピースは、小物でアレンジを加えると個性がアピールできます。揺れるピアスで女性らしさを演出したり、フラットシューズで大人感を引き出したりとアレンジ方法は様々。決め過ぎたくないときは、レギンスやデニムパンツを仕込んでカジュアルさをプラスしてもOK。

モードな着こなしでスタイリッシュな知的女子をアピール

モードな知的女子をアピールしたいときは、タイトなグリーンのニットトップスにスラっと長い脚を演出できるパンツをセレクト。縦長なシルエットが落ち着いた大人の女性を印象づけてくれます。ヘアスタイルはしっかりひとつにまとめて、大ぶりのピアスをアピール。スニーカーやフラットシューズでカジュアルダウンはせずに、ヒールでさらにコーデを引き締めるのも品よく見せるポイントです。

The following two tabs change content below.
sss0012

sss0012

ファッション専門校を卒業後、アパレルとシューズ販売員を経てファッション通販サイトの裏方として仕事をしていました。オシャレは世界共通で、”自分の個性を活かしていくもの”だと思っています。 #CBK magazineで毎日が楽しくなるような、皆さんのお手伝いができればと思っています!