「ゆるかわいいのに品がある」ならChiharu Okanoさんがお手本。大人が真似したいゆるコーデ4選

最終更新日: 2019/01/16 by watabe

人気のゆるコーデはバランスが難しいもの。1歩間違えればただのラフなスタイルにもなりかねません。
そこでお手本にしたいファッショニスタがChiharu Okanoさん。彼女のコーディネートは力の抜け具合が絶妙で、だらしなく見えないどころか大人らしい品さえ感じます。

今回はそんなChiharu Okanoさんのゆるコーデを見ていきます。彼女をお手本にしてコーディネートのコツを探っていきましょう♪

ゆるスウェットはブラウンで上品に

スウェットをアウトしていてもコーデがだらけて見えないのは、シルエットと色選びに理由がありました。スウェットは程よいゆるさで大きすぎないことがポイント。ブラウンを選べば、カジュアルなアイテムも上品に仕上がります。

メリハリ配色と大ぶりピアスが決め手

どちらもカジュアルなフーディーとワイドパンツのコーディネート。だらしなく見えないのは、モノトーン配色でメリハリをつけているから。また大きめのピアスを取り入れることで、ラフな装いも女性らしい仕上がりに。

小物とヘアでラフに見せない工夫を

くるぶしまであるロング丈のスウェットワンピースはカジュアル感が強め。そのうえ体のラインが見えないのでラフな印象もあります。
Chiharu Okanoさんはワンピースがラフな分ヒールブーツを選択。バッグも小ぶりのキャッチーなものを取り入れて、リラクシーになりすぎていません。ヘアはすっきりさせることできちんと感を演出。

ミルキー配色でゆるコーデを品よく昇華

ざっくりニットにコーデュロイパンツのコーディネート。コーデュロイは野暮ったく見えやすいですが、ホワイトを選べばすっきりとした着こなしに。全部を同じ色で統一するのではなく、濃淡の異なるミルキーな配色にすることで、ゆる×ゆるコーデも女性らしい柔らかな仕上がりに。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡