春アウターはどれにする? 大人感を出しながらオシャレを楽しめる4つのタイプ

最終更新日: 2019/03/05 by watabe

春へ向かう季節の変わり目は冬のコートを脱いで、ライト感覚で羽織れるアウターが欲しくなります。今回はデイリーに羽織れる4つのタイプをご紹介。あなたは春のアウターに何を選びますか?

人気のフーディはロング丈で大人感たっぷりに

今年ブレイク中のフーディアイテム。フード付きというと子どもっぽくなるのでは?という不安も、カラーや丈を厳選すれば大丈夫です。アウターならばロング丈&ベーシックカラーがおすすめ。大人モードで着こなせます。

ベーシックカラーのトップスとロングタイトスカートの大人カジュアルに合わせたいのは、ロング丈のスプリングコート。フーディコートなのでクール過ぎず、デイリーに羽織れます。

上のスナップと同じフーディコートを、カジュアルなジーンズスタイルにオン。女性らしいタイトスカートでもジーンズでも、ピタッと馴染んでしまうのがシンプルなフーディコートの良いところです。

定番トレンチコートでハンサムに着こなす

オンオフ使える、王道のトレンチコート。スカート・パンツ問わず、着るだけでかっこいい大人の春スタイルに。

ボーダートップスとジーンズのデイリーコーデにトレンチコートをパッと羽織れば、それだけでハンサムに決まります。ベーシックなベージュならどんなスタイルにも馴染み、カジュアルスタイルを格上げしてくれます。

ベージュのトレンチコートは持っている、また人と被るのはイヤという方は春のトレンドカラー、アイスブルーはいかが? 一気に春らしく、爽やかなハンサムスタイルが叶います。

やっぱりデニムジャケットは強い味方

ボトムを選ばず、幅広いアイテムにフィットするのが定番のデニムジャケット。今季はロングニットやフェミニンな花柄アイテムとコーディネートするのが旬です。

2019SSも引き続きトレンドのヴィンテージ花柄。モデルさんは花柄マキシワンピースにデニムジャケットを合わせてレトロスタイルに。さらにキャップ、スニーカーをコーデ。カジュアルダウンしてこなれ感を出しています。

ロング丈ワンピースにスキニーパンツをレイヤードしたトレンドスタイルに、デニムジャケットをオン。あえてジャケット丈を合わせることで、絶妙な丈バランスをつくれます。

ブルゾンなら着回し力バツグン

春アウターとして一枚あると重宝するのがシンプルなブルゾン。気軽に羽織れてデイリーで使える上に、スカートにもパンツにもマッチします。

この春トレンドのペールピンクを取り入れたフーディスウェット。大人モードで着こなすならブラックを合わせるとうまくいきます。モデルさんはブラックのパンツとブルゾンをコーデして、ピンクを大人っぽく着こなしています。

トレンドアイテムのフーディスウェットとレオパード柄ロングスカートをコーデした大人カジュアルスタイル。ブルゾンとレースアップブーツをブラックにして、スタイルを引き締めながら大人感をプラス♪

The following two tabs change content below.
ロザリンダ

ロザリンダ

美大デザイン科を卒業後、アパレルデザイナー、ファッションプランナーとして15年勤める。また一方アロマテラピーに興味を持ちアロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格を取得。その後、心と体の健康や美容についての講座を開き講師として10年ほど活動しています。 現在アパレルデザイナーとアロマテラピー講師の経験を活かしてファッション記事のキュレーターと美容・健康記事のライターをしています。