首にちょこんと巻くだけ♪ 「+スカーフ」で幼く見せないボーダートップスコーデ

最終更新日: 2019/04/02 by watabe

組み合わせ楽ちんな「ボーダー柄」。優秀ではありますが、カジュアル感が強すぎたり、幼い印象を与えたりしてしまうことも……。

そこで今季は、ボーダー柄トップスにスカーフをプラスしてみませんか? 「持ってはいるけど、使いこなせていない」なんて声も多いスカーフですが、小さめのスカーフなら、首元にちょこんと巻くだけなので挑戦しやすいはず。

華やぎスカーフをプラスした大人のボーダー柄スタイルを、さっそくチェックしていきましょう♪

定番コーデを華やぎスカーフでブラッシュアップ

ボーダー柄カットソーとスキニーパンツにベージュのトレンチコートを羽織った大人カジュアルスタイル♥ そのままでも十分おしゃれではありますが、ワンランク上のコーデを目指すなら小さめスカーフをプラスしてみて。スカーフに配色されているレッドがさりげないアクセントになり、定番スタイルの鮮度アップが可能に。

ボーダー柄×デニムパンツは寒色系スカーフで爽やかレディに

ゆるっとしたボーダー柄プルオーバーにテーパードのデニムパンツでシンプルにまとめたコーデ♥ 「今日のコーデはちょっと物足りないかな?」と感じたとき、気軽に頼れるのがスカーフ! 寒色系の小さめスカーフなら、女性らしさと爽やかさの両方が叶う着こなしに。

スタイリッシュに決めたいときはシックなスカーフがマスト

スカーフをスタイリッシュに取り入れたい人には、ブラック系のシックなデザインがおすすめ♥ ボーダー柄ニット×カーキチノパンなどのメンズライクな雰囲気にも合わせやすく、コーデのアクセントにピッタリ! 足元はホワイト靴下で、辛口コーデをまろやかに仕立てて。

お気に入りスカーフはバッグにON

「今日は思いっきり派手な色でアクティブに活動したい」「パートナーとデートだからピンクで可愛く見せたい」。顔回りに持ってくることの多いスカーフは、自分に似合う色選びが重要ではあります。
しかし、おしゃれの根本は楽しむこと♪ 首に巻くと顔映りがイマイチ、と感じた色のスカーフを取り入れるなら、バッグにさりげなく巻くのが正解♥ 動くたびに揺れるスカーフには視線が集まりやすく、おしゃれインパクトも大。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。