春のデニムパンツルック。おしゃれな人は”バレエシューズ”を合わせてます!

最終更新日: 2019/04/02 by watabe

暖かい日のお出かけには「デニムパンツ」が心地よくなってきました。春らしく、今年らしく、デニムパンツルックを足元から完成させませんか。

今年のデニムパンツに合わせたい、トレンド真っただ中の靴は「バレエシューズ」。さっそくファッショニスタの春コーデをチェックして、あなたらしい着こなしのアイデアを見つけて♪
今回は「春のデニムパンツルック。おしゃれな人は”バレエシューズ”を合わせてます!」をご紹介します。

全身ふんわりライトカラーで春らしい軽やかさ

ホワイト×キャメルのボーダートップスを、ライトカラーのデニムパンツにコーデ。さらにグレーのバレエシューズと、全身を淡い色でまとめた装いです。ふんわり春らしい、やわらかな雰囲気を醸し出しています。

甘すぎないドーリーな装いはデニムパンツで引き算

袖の丸いシルエットが可愛らしい、カーディガンが主役の装い。光沢のあるバレエシューズが、よりドーリーな雰囲気を底上げしています。
そんなコーデの糖度を「デニムパンツ」で引き算。甘すぎないカジュアルスタイルに仕上げています。

ラフな大人カジュアルに馴染みのいいブラウン系

トレンドとはいえ、バレエシューズの可愛らしさに敷居の高さを感じる方におすすめなのが「ブラウン系の色」。デニムパンツに合わせると、バレエシューズでありながら、ボヘミアンなナチュラルムードが漂います。ラフな大人カジュアルにさらりと馴染ませて♪

あえてワイドなデニムパンツで着こなすグッドガールなムード

シャツと濃紺のデニムパンツを合わせると、グッドガールなきちんとコーデに。そんな着こなしを、あえてゆるっとワイドパンツで着こなすモデルさん! 一歩抜きん出たセンスが光ります♪
またトラディショナルな印象のコーデに、レザーを感じさせるブラウン系は相性抜群。バレエシューズの質の良さを引き出し、高見えさせます。

デニムパンツの王道アクセントカラーといえばレッド

さわやかに着こなしたい春は、フレンチカジュアルが似合う季節。ボーダートップスとデニムパンツの装いには、「赤いバレエシューズ」をアクセントにするのが王道のテクニックです。
同じ組み合わせでも、”パンツのシルエット”や”バレエシューズの素材”でイメージは変化。その年のトレンドに合わせて、自分らしくアレンジを楽しんで♪

デニムの藍とモノトーンで攻めるシンプルコーデ

デニムの藍色は、こっくりネイビーで深みがあります。そんな藍とモノトーンだけで、とことんシンプルに攻めた春コーデのモデルさん。またアウターの”薄手な生地”が無機質な色と相まって、クールな表情を底上げ。

ふんわりブラウスのシルエットを存分に楽しめる季節

寒い季節が終わったら、ブラウス一枚でファッションを楽しめる季節! シルエットが魅力のアイテムを、デニムパンツでシンプルに着こなしませんか♪
今季のブラウスは、”ギャザー”が外せないトレンドポイント。キュートなバレエシューズを忍ばせれば、ギャザーの甘さと一体に。カジュアルなデニムスタイルも、まとまり良く仕上がります。

大人のキレあるカジュアルにはシャイニーカラーが似合う

クールなモード感を大切にしたい”大人カジュアルコーデ”には、シャイニーカラーのバレエシューズがおすすめ。モデルさんのような「シルバー」は、デニムに馴染みつつ、さりげない華を添えます。

今季らしい一着で勝負したい! レースとデニムの定番ルック

デニムパンツを使った春の定番コーデの中でも、「レースブラウス×デニムパンツ」の組み合わせは特に人気! 毎年見かけるレースブラウスだからこそ、旬のデザインにアップデートするのが”あか抜け”するコツです。もちろん今季の足元はバレエシューズで、ガーリー感を強めに出してみて♪

レイヤードするデニムパンツルックにもバレエシューズを忍ばせて

長め丈のトップスやワンピースを、パンツとレイヤードするテクニックが注目されている今季。足の甲が抜け感になるバレエシューズを添えて、軽やかに仕上げる方法もおすすめです。モデルさんのような「ホワイトカラー」のバレエシューズなら、より軽快な足元を作れますね!

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。