「夏の通勤服」にもう迷わない! 厳選おすすめジャケット& カーディガン

最終更新日: 2019/06/26 by watabe

デスクワークをしている室内では空調が効きすぎて寒く感じてしまいますよね。かと言って外に出ると暑くて、その温度差に毎日着る服も困ってしまいます。ジャケットやカーディガンが1枚あると、調整が効くだけでなくきちんと感が出るため、突然の打ち合わせにも役立つもの。では、今年の夏はどんなジャケットやカーディガンを選ベばいいのでしょうか。

リネンジャケットを合わせればTシャツ通勤でもきちんと感は出せる

肌寒いオフィスにリネンのジャケットが1枚あれば、羽織るだけできちんと感がクローズアップされます。カジュアルの代名詞のTシャツも、いつもと違うスタイリングで簡単にコンサバにシフトできる万能アイテムです。タイトのロングスカートとジャケットというコーディネートで、通勤スタイルの幅を広げてみて。

ノーカラージャケットとハーフパンツのセットアップでマンネリを脱出!

今年の夏は脚見せハーフパンツが急浮上。一見地味なリネンのセットアップも脚元を出すだけで女らしさがプラスされるため、軽快なオフィスコーデに仕上がります。フラットなパンプスでトータルバランスをつければ、バッグで遊んでもコンサバは崩れません。

着回しに大活躍! ベーシックなアンサンブルを1セット常備しよう

空調の変化で調整しやすいアンサンブルは、春、夏、秋とスリーシーズン対応できるおすすめアイテムです。特にコーディネートしやすいベーシックなベージュは、今季の注目カラー。スナップのような流行のカーキのタイトスカートを合わせると、かっこいい大人のコンサバスタイルに仕上がります。また、ボーダーアンサンブルはピッチ幅の細いものを選べば、アイテム次第でフェミニンにも寄せられます。

清涼感を出したいなら断然ライトグレーを選ぶのがおすすめ♪

ベーシックなオフィススタイルに涼しさをプラスするなら、ライトグレーがマスト! ジャケットなら、上のスナップのようにノーカラーでよりスマートに。カーディガンも肩に羽織るだけで、一気にこなれ感がアップします。
ポイントは、トップスをホワイトやライトグレーなどの夏らしい色味で揃えること。ボトムスの色次第で引き締め効果が狙えるため、全体的にスタイリッシュな仕上がりが期待できます。

The following two tabs change content below.
yuikana923

yuikana923

Editor&Writer/TOKYO/Fashion 主に20代女性誌の編集・フリーライターをしています。 趣味は、お仕事と昼寝。 流行に合わせたわかりやすい記事作りを目指しています。 その他、占いやダイエットなどの記事も執筆中。