Tシャツがオフィス仕様に?! きちんと感を出しやすい4つのベーシックボトム

「Tシャツ=普段着」の時代から、今やオフィスシーンだってTシャツが主役の時代に。しかしTシャツを会社で上手に着こなすには、どんなボトムを合わせればいいのでしょうか? パンツ、スカートそれぞれの選び方のポイントと、お手本スタイルをご紹介します。

ホワイトワイドパンツがTシャツを爽やかに

カジュアルなTシャツをきれいめに寄せるなら、頼りたいのが「ホワイトワイドパンツ」! 柔らかな肌触りでゆったりしたシルエットなら、ハードルの高いホワイトパンツも気負いなく楽しめます。スナップのようなきれいめテイストのTシャツはもちろん、プリントデザインのキャッチーなTシャツも、爽やかに受け止めてくれるはずですよ♪

きれいめテーパードパンツでラフなTシャツをオフィス仕様に

オフィスシーンにぴったりなブラックパンツは、太ももはゆったり、ひざから裾に向かって細くなるテーパードタイプできれいめに! パンツのきちんと感が、カジュアルなTシャツをオフィス仕様に格上げしてくれます。ホワイトTシャツとの好感度スタイルや、ロゴ入りなどのラフなデザインTシャツでカッコよく決めた上級者コーデにも最適です。

ベーシックなTシャツとカラータイトスカートで簡単オフィスコーデが完成

オフィス仕様のTシャツはベーシックなカラー仕上げでラフさを抑えるのが正解! つまり色味のあるきれいめスカートを用意しておくと、組み合わせがラクなんです♪ モデルさん着用のようなカーキタイトスカートの大人っぽさとボーダー柄のカジュアル感なら、むしろ心地よいバランスに。

Tシャツを大人可愛く仕立てるカラーフレアスカート

ふんわり広がるスカートならTシャツをインするだけで女性らしいコーデに。広面積の分インパクトも大きいので、こっくりカラーを選ぶとオフィスシーンにも使いやすく重宝します。

また、カーディガンやバッグのカラー選びに迷ったら、スカートの補色を選ぶのも技。例えばイエロー×ブルー、グリーン×レッドなど……。カラー数が増えるとコーデが難しいと思われがちですが、配慮するのは面積のバランスだけなので、気軽にトライしてみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。